いなみ将棋塾のブログ

イベントのご案内や将棋に関するうんちくをご紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いなみ将棋塾は2015年4月1日に設立11周年を迎えました。

2015-04-23 16:21:24 | ご案内
いなみ将棋塾は平成16年4月に設立され、
保護者の皆様とボランティアスタッフの皆様のご尽力があって今年設立11周年を迎えました。

-----------------------------------------------

こころ豊かな人づくり500人委員会を卒業してから
『いなみ将棋塾』を立ち上げるまでの「志」「苦労」

-----------------------------------------------

今から13年前、平成14年ゆとり教育ということで学校週5日制になりました。

 稲美町でも土曜体験教室という名前で地域の大人たちが先生になって、
学校で教えないことを子どもたちに教えようということになりました。
子どもたちにアンケートをとり人気の高かった、囲碁、将棋、科学の実験、料理、パソコンなど
9講座が選ばれました。そのうちの将棋に私が関係したのが始まりです。

 1ヶ月のうち第2、第4土曜日の2回、3ヶ月で6回が1つの講座です。
1講座20名の子どもが卒業して行くわけですが、そのうち子どもたちが
せっかく「面白くなってきた」あるいは「もっと強くなりたい」と思っても
行くところがないと気づきました。

当時『加古川将棋センター』がありましたが、稲美町からは遠いし、
ちょっとレベル的に卒業者には無理かなと思いました。

 平成13年に兵庫県が“こころ豊かな人づくり500人委員”
7期生の募集があり委員になりました。

東播磨県民局では青少年育成グループに属し、2年間の研修を終えました。
そのあと地域でリーダーとなって地域活動に取り組むことになりました。
何をしようかと考えました。

私はそれまで自治会の子供会の駅伝、ソフトボールで、監督・コーチを10年間やった経験があり、
そんな中で子どもたちの生き生きとした顔で参加するのを見ていました。

身体を使うのは体力的にきついかなと思い、昔自分の子どもに将棋を教え非常に良かったので
稲美町で子どもたちに“将棋を広めること”をやりたいと思いました。
県民局に相談したところ応援しますから是非やってくださいと言われました。

 ところが稲美町でやるとなると当初なかなかうまくいきませんでした。
土曜体験教室(ふれあい交流館)で始まった活動だから、
ふれあい交流館でサークルとしてやってくださいといわれました。

これには私は反対でした。その理由はサークルですから大人も子供も入会します。
会費を集め会場使用料を町に払い自主運営しなければなりません。
中には大人でタバコを吸う人も来るかもしれない。
そうすると子供の人数が減ってくる。

子どものための将棋教室を考えていたので青少年育成の目的が果たせなくなる。

 生涯学習振興課に行くと土曜体験教室で始まったのだから、ふれあい交流館でやってください。
新規に受け入れはできないということでした。
何度も町に掛け合いましたがらちがあきませんでした。途方にくれていたところ、
力になっていただいたのが“こころ豊かな人づくり稲美100人委員会”の方でした。

町の方にもかけあっていただき、それからは弾みがつき平成15年夏休みに
将棋サマースクールということで30名の子供の参加を得て、
それを母体に平成15年9月4日に将棋サークルとしてスタートしました。

 構想から2年を経て平成16年4月1日「いなみ将棋塾」は設立されました。

将棋を通して青少年健全育成、3世代交流をはかり、地域づくりの一助とすると
いうことで稲美町ボランティア連絡会に所属して活動しています。


今まで支えてくださった方に感謝しつつ、今後とも「いなみ将棋塾」にご理解、ご支援、ご協力をお願いします。



-----------------------------------------------------------
●いなみ将棋塾公式ページ http://inamisyougi.web.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いなみ将棋塾 子供将棋塾の... | トップ | 第43回日本将棋連盟稲美支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。