なんでも人生

Whatever life is

確定申告 e-Tax

2017-02-23 | 日記
また確定申告の時期になった。今年もパソコンからe-Tax申告、システムはどうあれこの制度はとても素晴らしい。税務署や確定申告場所に行く必要もなく、書類の提出も不要。しかし一年に一度しか申告しないので昨年のやり方は忘れているし、国税庁の確定申告ホームページからして分かりにくい。まずは申告のための事前セットアップシステムを自分のパソコンにダウンロードしないとならない。こんなもの不要だと思うが自分のパソコンにデータが保存できるために結局は申告者に便利なのかも。今年から少し改善されているような気もした。数回に分けてインプットしたが、このデータ読み込みが早く中断したところから立ち上がってくれる。昨年度は私が2度手術入院、数回検査にかかり医療費が10万円をはるかにオーバーしたので医療費控除のためのデーターを打ち込むがこれが大変、病院の治療費、薬局での薬の購入代、その金額と住所、名称を日にちごと打ちこまなくてはならない。これは療費控除申告をさせないようにしているのかと思ったが、クソッー役所のいじめに負けてはならないと50枚以上の領収書を全てエクセル(ダウンロード)に入力(治療機関や薬局情報はコピーペースト)。そして最後は家族3人の個人番号を打ち込み送信。頑張った甲斐があった。結構な金額が還付される。もともと私の収入は年金のみであまり納税していない(収入が低い)のでそれ以上は返ってくることはない。昨年度一件翻訳を頼まれ謝礼が振り込まれたのでそれもきっちり申告した。
毎年e-Taxについて文句を言っているが、正直最初と比べればずいぶんと改善もされ使い勝手も(こちらの習熟度も)よくなっている。ややこしいのはマイナンバーでの個人認証(署名)で、カードリーダーの設定や暗証番号が国税庁の暗証番号と混乱する。


老人ホーム協会シルバー川柳入選作品

ポックリと逝きたいくせに医者通い
あれよあれそれよそれよと答え出ず
この歳で止めてどうする酒たばこ
基地問題うちがもめるは墓地問題
老いるとはふえる薬と減る記憶
マイナンバー ナンマイダーと聴き違え
徘徊もタスキかければパトロール
年賀状出さずにいたら死亡説

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北側サイディング改修 Norths... | トップ | 北側サイディング塗装完了 No... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL