東山郷紹介ブログ

岩手県のもうひとつの渋民、県南 一関市大東町の東山郷と言う自治会のある地域のことを紹介します。

コンバインと飯米

2016-10-24 23:57:49 | 地域岩手県
 コンバインのオペレーターとして作業に当たっているneko父ちゃんですが 基盤整備の役員だったころからの受委託

の関係で 作業のこともですが例えば30アールの水田のコンバイン作業の場合、作業前に農家さんと「飯米は いくら?」

「残りは農協に出荷でいいですか?」などと 確認をとりながら進めます。単にオペレーターだけなのですが もみを持ち

込む先も農協なら 飯米も農協から・・・といった具合で農家さんからは「うちの飯米、いつ持ってきてくれるの?」とか

「田んぼの草が出てきたのだけど、除草剤なにつかったらいいべか・・・?」とか、農協に聞くより、聞きやすいと見えて

今朝も朝一に我が家の電話が鳴ったと思ったら 「飯米、いつ頃できるべ?」ですって。そうかと思えば 今度は農協から

電話で「この前刈り取りした8区の〇〇さんの飯米、配達しようと電話しているのだが、いつも留守で電話がつながらない。

なんとか連絡とってみてくれないべか・・・!」ですって。

 最近は それぞれ農家さんも歳をとって 草刈りもままならなかったり、時には水見も父ちゃんが気にかけてみたり、は

たまた、一生懸命稲つくりをしていた親の世代が亡くなったり、あるいは施設に入って…などの諸事情で 一関市や千厩な

どから週一くらいで通っての稲作を頑張る息子や娘世代もたくさんいます。草刈りができないといえばお世話をしたりと農地

を守ることの難しさを特と感じる近頃です。

 そうはいっても 決して高いとは言えないお米の値段に 苗や農薬、肥料と労賃などを考えたら、採算度外視しても 自分

で作ったお米にこだわる贅沢って 『本当の贅沢』なのかも・・・!?なんて近頃考えてます。
『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一斉エサ米 | トップ | 産直役員研修旅行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域岩手県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。