どん☆ぶり日記

貯蓄、投資、節約、日常生活。

インデックス投資を深く知ることができる本

2017年03月21日 | インデックス投資
書き始めたばかりのくせに、使い勝手の関係で(gooさんが悪いわけではないのです、こちらの事情)、ブログのお引越し準備中でございまして、引越し済ませてから記事書けよ、という感じなのですが、いまじゃっかん仕事に飽きたので(!)ちょっと書かせていただきます。

インデックスファンドの積立投資を実践するにあたり、一番勉強になったのは、この本です。

積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究
星野泰平
パンローリング株式会社


ま、私なんぞがここにあげなくても知ってるよ!とおっしゃる方も多い有名本でしょうが、もしご存じない方がいらっしゃったらぜひお手に取ってご覧ください。

著者の根気強い検証結果を元に、積立投資による資産形成が意外に大変であること、出口(投資を換価する段階)における状況が大事であること等を、しっかり理解することができます。

特に、積立投資による資産形成が意外に大変であることについては、目標額に達するために、いくらずつ投資しなければならないかということを年代別に検証してあり、現実に目を向けることができます。

でも、これを読むと、積立期間に基準価格が暴落していると嬉しくなれるという「積立投資マインド」ができあがりますので(逆張り思考ともいう)、積立投資を検討される方は一読の価値ありです。

最近はiDeCo(donは自営業者なので税理士さんに勧められiDeCoは昨年後半から参戦)などもあり、気軽に積立投資に参加したものの、基準価格が下落すると不安になって解約したくなる方もいらっしゃると思いますが、積立投資は期間中の下落ほどおいしいものはありませんので、我慢する気持ちを高めるために良いと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国内インデックスファンドへ... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL