技術士(道路)を目指そう!

技術士【建設部門:道路】合格に向けた情報発信!
子ども達の成長記録も連載中!
“いなかもの”をよろしくお願いします.

平成22年度 技術士第二次試験問題【建設部門:道路科目】

2010年08月09日 06時28分21秒 | 過去問題【道路科目】
■おはようございます.

技術士試験を受験された皆さん,お疲れさまでした.

平成22年度の技術士第二次試験問題【建設部門/道路科目】の問題をアップさせていただきます.
bearさん,お疲れのところ問題文を送付していただき,本当にありがとうございました.


【建設一般】
Ⅱ-1
 我が国の国土は厳しい地形・地質、気象等の条件下にあることに加えて、近年は社会状況も大きく変化し、自然災害から国民の安全や生活を守ることがより一層求められている。
 建設部門に携わる技術者として、社会的状況の変化に対応して防災あるいは減災対策を行う上での課題を3つ挙げ、その内容を説明せよ。
 また、これらの課題に対して、国民の安全や生活を守る観点から今後どのような取組を進めていくべきか、あなたの意見を述べよ。

Ⅱ-2
 我が国の建設産業においては、国内の公共事業投資額の減少に伴い、さらなる成長が期待される海外の社会資本整備に対する積極的な取組が求められている。
 一方、国際貢献・技術協力の観点から、開発途上国などにおける社会資本整備に対する積極的な取組も求められている。
 このような状況の中、建設部門に携わる技術者の視点から、海外での社会資本整備に取り組む上での課題を3つ挙げ、その内容を説明せよ。
 また、これらの課題に対して今後とるべき方策について、あなたの意見を述べよ。


【道路科目】
1-1(必須)
 道路事業の実施に当たって「整備に関わる側」に立つ者は、「整備の効果や影響などを受ける側」に立つ者との関係を考慮し、必要な対応を行うことが重要となる。
 あなたがこれまで関わった事業において、このような対応が必要となった事例を挙げ、その内容を説明せよ。
 また、上記の対応を踏まえ、より円滑に道路事業を進めるために今後どのような取組を進めていくべきか、あなたの意見を述べよ。

1-2-1
 情報通信技術(ICT)を活用して、人・道路・車を一体のシステムとして構築する「高度道路交通システム(ITS)」 の概要について、ITSが導入された背景を踏まえ、具体的事例を挙げて説明せ。 また、現状におけるITSの課題と今後のあり方について、あなたの意見を述べよ。

1-2-2
 道路が本来持つ機能を十分に発揮させる上で、円滑な交通の確保は重要な課題である。渋滞の現状や社会に与える影響について述べるとともに、既存の社会資本ストックを有効活用しつつ、道路における円滑な交通を確保する方策について、あなたの意見を述べよ。

1-2-3
 道路の管理又は建設時における新技術の開発・活用について、以下の問いに答えよ。
(1)あなたがこれまでに携わった新技術の開発・活用の事例を挙げ、その技術の概要と期待した効果を述べよ。
(2)今後、新技術の開発・活用を進める上での課題とその解決策について、あなたの意見を述べよ。

1-2-4
 環境負荷の軽減を目的とした舗装技術の開発が近年進められていることを受け、以下の問いに答えよ。
(1)近年開発が進められている舗装技術について、その概要、当該技術が抱える課題及びその解決策を述べよ。
(2)環境に配慮した舗装技術の今後の開発・普及のあり方について、あなたの意見を述べよ。

1-2-5
 のり面保護工に関する以下の問いに答えよ。
(1)切土のり面保護に用いるグラウンドアンカー工について、その目的と特徴を述べるとともに、設計上の留意点を挙げ、その内容を説明せよ。
(2)構造物により保護されたのり面ストックが増大する中で、適切に維持管理を行う上での課題を説明し、長期的な健全性を確保するための方策について、あなたの意見を述べよ。


■一見したところ,大変素直な良問だと感じました.
私の予想問題は全くハズレましたが….


■ところで,私の受験結果?については,また後ほど……OTL.





人気ブログランキングへ に参加しています.

  あなたのワンクリックが総監受験に対するインセンティヴです.


   人気ブログランキングへ


▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ コメントやメッセージも待っています.
ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ,リベンジに向けて! | トップ | 平成22年度 技術士第二次試験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。