田舎で農業をしています。毎日が感動です

都会で34年暮らしていましたが、田舎に帰って10年に成ります。今は米と野菜を作って産直市に出荷しています。

我が家の稲刈をしたが稲がこけていて、刈るの大変だった

2016-10-12 21:27:18 | 日記
もち米の「ココノエモチ」を昨年菊を作った田んぼに、無肥料で植えたのですが、全部こけてしまいました。ココノエモチはこれまでこけたことが無いので、菊の後に作ってもこけないだろうと思って居ましたが、菊を作るのに大量の肥料を入れているので、まだ肥料が残って居るようで、米ができすぎてこけてしまいました。稲がこけると雨でぬれてワラが腐り、根っこも腐ってすぐ抜けてしまいます。ワラに性根が無いので、コンバインの刈り取った稲を脱穀機に送る歯車や、搬送用チェーンに巻き付いて、詰まってしまいます。



田んぼが柔らかいしワラが詰まるので、大変な稲刈でした。明日も稲刈りをします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 営農組合の稲刈りにオペレー... | トップ | 田が柔らかくコンバインで刈... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。