田舎で農業をしています。毎日が感動です

都会で34年暮らしていましたが、田舎に帰って10年に成ります。今は米と野菜を作って産直市に出荷しています。

来年の春に菊の畝を作る時、雨で出来ないと困るので秋に作ります

2016-11-05 21:28:17 | 日記
11月は雨が少ないので畑の土が乾いて居て、作業に適して居ますが、菊の定植は4月なのでまだ6ヶ月も先の事に成ります。それまでの間に大風でマルチがはがされたり、イノシシが掘り返す事や肥料が流出するかも解りません。これまでやった事の無い方法なのですが、今年はリスク覚悟で畝を作ってマルチを張ります。



11月2日に運搬車2台約1トン今日3台1.5トンの堆肥を撒き、苦土石灰80kg、ミネラルG60kg、基肥のグリーンドクター80kgを散布して3回トラクターで耕したので、土が非常に細かく成りました。田んぼの広さは7.5アールでマルチを張る時に、畝に基肥いい花つくろう80kg、ようりん20kgI、IB化成604を40kg入れます。菊は大量の肥料が必要で、肥料が多いと白さびが出やすく、少ないと草丈が出ず良品に成りません。



しょうがの収穫をしました。自家消費用なので少しだけ作って居ます。生姜は温度が下がると腐るので、14℃がキープできる横穴に入れるのですが、乾いて種イモとして使えません。昨年はビニール袋に入れて横穴に入れて、種イモとして植えたのですが、10個植えて1個だけ発芽しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ稲刈りが残って居るのに... | トップ | ヤット稲刈りが終わって打ち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。