田舎で農業をしています。毎日が感動です

都会で34年暮らしていましたが、田舎に帰って10年に成ります。今は米と野菜を作って産直市に出荷しています。

私の姉と弟が広島から墓参りに来ました

2017-08-13 21:34:08 | 日記

父が死んで7年になり、盆には必ず墓参りに来ます。兄弟なので手ぶらで来ればよいのに、ビールをケースで持って来ます。お中元を貰ったばっかりなのに、お供えだと言って又持って来ます。

弟の娘婿が大町で府中焼きの店をしていて、つい最近東京の神田に府中市が、アンテナショップ「NEKI」を開店して、そこで府中焼きをしている、婿の写真が中国新聞に載りました。そんな話をして帰りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩生あきろまんの走穂が出た... | トップ | 息子夫婦が孫を連れて帰って... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
府中は東京かと思ったら、全国に (AtoQ117)
2017-08-14 19:45:27
府中(市)と聞いたので、弟さんの娘婿さんは、東京のお住まい・・と思ったら。
なんと、府中市は広島(県)と東京(都)のあったんですね。検索したら、広島市に囲まれた『府中町』もあったんですね。大昔、律令制の郡役所が置かれた場所だったと、初めて自覚的に認識しました。
広島県内2箇所かよ、混乱しないかと思ったら、安芸と備後だったんですね。愛知県が尾張と三河と同じだったんですねすね。森恵さん出身地の福山は、愛知県でいうと、三河の豊橋と同じ位置付けだったと、認識できました。ちなみに、家康は三河出身ですが。
 安芸と備後、尾張と三河、同じ感じだと今回自覚できました。ちなみに、尾張は国府宮(裸祭り)、三河は豊川(稲荷)が、府中となるようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。