田舎都会からの便り

北海道北斗市から発信

2017年02月22日 03時16分13秒 | その他

上の写真は去年の今頃の光景です

きじひき高原パノラマ眺望台ライブカメラ  

 行雲流水   

先日 北斗市内にある当別丸山に登りました

ボキボキボキ ボキンボキンボキン

相撲の決まり手にない「張り手折り」を食らったような光景を目にしました 

 

「張り手折り」がだめなら「根こそぎ倒し」を繰り出したように映りました

風の怖さ 最近特に感じます

倒木 子供の頃は洞爺丸台風など特別異常気象などマレな時しか記憶にありません

最近は ひんぱんに被害を目にします

昔の風力は今より弱かった そんな印象が 私には強い

風は稽古をガンバリ 強くなったのだろうか

一時 地球温暖化が一因という話題と対策を耳にしましたが 最近は聞こえてこないなあ

子供向けの本を読むと 「自動車がいらない都市づくり」「当たり前を変える」「地球にやさしい人が得をする仕組み」などなど・・・高度な勉強をしてるんですね

地球を守る社会づくりの話 大人の世界はもめる

やがて来る 子供たちの時代の采配に託すのが 好さそうだなあ

過去記事       温暖化   

     英国の環境問題に取り組む団体 オックスファム

       過去25年間の温暖化影響調査を発表

         結果 洪水6倍 暴風雨4倍

      写真は 平成16年 台風で被害を受けた 

         北斗市・文月神社の杉の大木

        

       災害の発生が1980年の約120件比べると 

        2006年には約500件に増加

気象災害 今後は 熱波 干ばつ などにも拡大するという

       

      バッタ・バッタ ボキン・ボキンと折れた老杉

        推定樹齢は 350年を越えている

  ということは 数百年で一番の強風 ということになる

      もしかして  温暖化の影響なのだろうか

       

           神社の大木約50本倒れた

       ボキンと折れなければ 根こそぎ倒す

           風の怖さを知らされた        

        

            温暖化が原因の災害 

     発展途上国の貧しい人々を一番苦しめると

         オックスファムは警告している    

         

         北斗市・市渡の三吉神社の被害

     なぜか 神社の木が 多く痛めつけられた

   みんなへの被害を 神社が受け止めたのだろうか        

       

           北斗市・本町の意冨比神社 

         推定樹齢300年以上のイチイ

       

        温暖化の影響では という異常気象

       私の生活の中でも感じるようになった

 温暖化防止 おひとりお一人の協力が 今求められている

テクテク散策・南北海道  

山仲間のブログ

2/19(日)濁川・毛無山

道南には毛無山が5座あり この山は茅部郡森町の濁川ダム南東に連なる里山

山頂からはカルデラ地形や噴火湾 ・渡島富士と言われる山容の駒ケ岳などの展望に優れた山 
C678前衛峰に到着。富士の山容に見える駒ケ岳

台湾・パチリ

追加5枚 台湾の街を歩く④

 

 車中泊 車中泊まとめ Kizasi.jp「車中泊」     

 追加5枚 八幡平散策・紅葉の秋2016

追加5枚 黒川温泉街歩き

 

 

虹の仲間の森 2014・12・4~

『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月兎 | トップ | 寒のり »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事