田舎都会からの便り

北海道北斗市から発信

毛無山2017年5月15日

2017年05月17日 00時58分16秒 | 山登り・散策の話

毛無山2017年5月15日

北海道北斗市中山 標高750m毛無山

函館山楽クラブ(会長・丸岡進一さん)

毎年 登山道の点検整備をしています

春は丸木橋 秋は笹苅 年二回実施しています

この日の協力者は 函館マウンテンクラブの皆様など25人 

大野川に架かる吊り橋をカニ歩きで渡ります

いつもは羽目板が・・・まもなく取り付けられるでしょう

カタクリなどが咲き誇るゴールデンウィーク前に取り付けてくれれば好いなあ

降雪が少なかったので 丸太橋の傷みが少なく

倒木も少なかった

風雪被害の案内標識を正しく取り付け

ここは尾根道と沢道(檜沢の滝方向)の分岐点

登山口から山頂まで 春は花道となります

枯れ葉の下は 残雪

サンカヨウは咲き始めたばかりです

あと数日で満開見頃となりそう

朝露や雨に濡れると 透き通った花びらに変身

朝靄にむせぶ檜沢の滝

三段の檜沢の滝 高さ15m 幅12m

尾根を目指す急登

大石の沼 朝靄で見えず

標高400mにある20ア-ルの沼

沼を一周する散策路からは ミズバショウが眺められます

いつもは残雪の上を歩くが 今年は雪なし

カタクリの花は終わっていました

秋に刈り払いした効果 歩きやすい登山道になっていました

秋近くなると 藪漕ぎの道となることもあります

山頂の表示板 消えていた

離れた笹藪の中にありました

風の仕業かな

 

山頂広場

点検チェックをしたり 花を眺めながら下山

『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 匠の森散策③2017年5月1... | トップ | 毛無山登山道点検整備 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む