ポンコツ日記

ちょっとズレてる息子(中3)とおしゃべりな娘(小4)の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャレンジャー

2017-02-09 06:10:54 | 子育て
私立の入試まであと1日。

いよいよです。

ここまでくると、なるようにしかならないと

開き直るしかありませんね。

受験生の母の心境って、お産と似ている気がします。

『案ずるより産むがやすし』

正にその通り!

出産も受験も同じだなぁと

しみじみ思う今日この頃です。


さて、明日は私立の学校(滑り止め校)の受験日です

併願優遇(第一志望の学校の合否が判るまで入学手続きを待ってもらえるシステム)で

既に確約はもらっているので

明日試験を受けて、余程の失敗をやらかさなければ

ほぼ合格

確約システム万歳です。


滑り止めの学校を選ぶ際

ほとんどの子がこの併願優遇で確約を取るのですが

レベルの高い私立校になると

併願優遇は設けられていても

確約がもらえない学校もあります。

確約がもらえない学校を併願校にした場合

当日のテストで合格基準点に満たないと

不合格になります。


兄貴の事も心配で気が気じゃないのですが、

兄貴以上に心配な子がいます。

兄貴の友達のS君は

併願志望校の基準に内申点が3点足りてなかったのに

先生を通じ、かなり頼み込んで併願資格をもらったそうです。

しかしこの学校、確約はありません。

当然、当日のテストで基準点に満たなければ

不合格です


ぶっちゃけ、S君の成績は兄貴と似たり寄ったり

S君・・・何故併願をそこにしたの?

そしてそのS君、公立の受験校もかなりの強き

おいおいマジで大丈夫?

チャレンジするのは凄く良い事だと思うけど

保険はかけとかないと

おばちゃん不安だよぉ

よく知っている子だけに

心配で仕方がありません。

どうか、S君のチャレンジが報われますように・・・・。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰め放題 | トップ | 合格発表 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL