広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

稲木洋子の嘘 一例

2016-09-17 23:01:46 | 日記
謝罪する、、、、と言ってしたことは一度もないのである。


話し合いをする。、、、、これも嘘。電話をしても通じない。

耳が聞こえない。、、、、、真っ赤な嘘。障碍者の申請が通らなければ仕事をして電話対応を率先している。

家は貧乏、、、、、これは、夫婦揃って言いますが。誠もその母親も、子供の、卓平成4年3月29日生まれも聡君も

一家そろって、嘘がうまい。
その場しのぎで、電話を切らしたり。話をずらさせたり、嘘の続きがあったり、、、

中板橋の稲垣家と言って、名前にピンと来たら気づいて下さい。被害者になる前に、遅いですよ。

稲垣っていうのは、警察も医者も弁護士にも平気で泣いたり演技をする神経があります。

東洋大学で備わったものですので、非常に警戒してください。

すぐに、被害者になる習性があります。

この家は身勝手で貴方が後悔しますし、民法なんて無視します。

利用できたら、すぐ捨てる。人、もの、証拠

本当に、愚かで恐ろしいのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 母親に書かせて実行犯は!!... | トップ | 医者に怖いと言い続けた報酬... »

日記」カテゴリの最新記事