因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

追加しました!2017年4月の観劇予定

2017-04-01 | お知らせ

*椎名泉水作・演出 公式サイトはこちら KAAT神奈川芸術劇場大ホール 9日で終了1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20
 2004年春、STスポットで旗揚げしたstudio saltが20回めの本公演を、これまででもっとも大きな劇場で行うことになった。地元横浜を拠点にこつこつと積み上げてきた実績が認められての躍進だ。
東京芸術座アトリエ公演NO.40 内藤裕子作・演出 演劇集団円、演劇ユニットgreen flowers(グリフラ)の劇作家・演出家である内藤裕子 (1,2,3,4,5,6,7)が、今回はじめて東京芸術座に新作を書き下ろし、演出する。ある地方都市の消防署の一夜を描く95分だ。地元消防署にも取材を行った由。

*劇団民藝公演 ナガイヒデミ作 兒玉庸策演出 公式サイトはこちら 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27
 
今回民藝初登場の劇作家ナガイヒデミは京都在住で、幼少から青春時代を愛媛県今治市郊外の農村で過ごした。演出の兒玉も同じ愛媛県の中島の出身とのこと。郷里を同じくする作り手の思いの込った舞台と想像される。

*四月大歌舞伎「傾城反魂香」中村吉右衛門の又平を楽しみに。
以下1本観劇予定を追加いたしました。
*劇団朋友アトリエvol.16 「久保田万太郎を読むⅡ」
 『釣堀にて』『蛍』文学座の女優筆頭、本山可久子が客演。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本のラジオ『ラクエンノミ... | トップ | TAK 神奈川演劇連盟プロデュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。