因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団民藝稽古場公演『負傷者16人』

2017-08-10 | 舞台

*エリアム・クライエム作 常田景子翻訳 西部守演出 公式サイトはこちら スタジオM(劇団民藝稽古場内)13日まで
 本作は2012年初夏、新国立劇場小劇場公演として宮田慶子の演出で初演された。そのときのブログ記事はこちら。実に歯切れが悪く、不完全燃焼感の強い観劇記だが、それでもどうにか前向きにまとめようとしていることはわかる。が、5年後のいま読み返して、自分が何を考え、何を書いたかということが、ほぼすべて記憶になかったのである。人物の相関関係や物語の流れはどうにか覚えており、この面では民藝版の観劇に大いに役立ったと言えよう。

 これで本作2度めの観劇になったわけだが、まちがいなく今回の民藝版は、心に残る舞台であった。きちんと覚えておきたいと思う。それはいつか訪れるかもしれない3度めの観劇への備えだけでなく、いまだ紛争や内戦、テロが絶えない現在において、本作がわたしたちに投げかけるものはいよいよ強く、深いためである。

「負傷者16人」という題名が何を指すのかは、最後の最後にわかる。ラジオは犯人と思われる青年の自爆テロによって、本人を含め10人(記憶によるもの)が亡くなり、「負傷者16人」と告げる。「負傷者16人」という題名の意味するところに向かって、本作は幕を開け、観客を物語のなかに引き込む。観客はいつの間にか題名を忘れ、パン職人ハンスがパレスチナ人医学生のマフムードを助けたことをきっかけに交わりが生まれ、お互いに喜ばしい人生が展開するかに見えたのもつかのま、人種や宗教のちがい、政治の思惑のために訣別する様相にぐいぐい引き込まれる。そして最後になって「負傷者16人」というラジオの放送を聞くのである。 
 亡くなった人の数ではなく、なぜ怪我人の人数が題名であるのか。16人は、重傷者の中には亡くなる者もあるだろうが、この放送の時点では生きている。かろうじて生き残った16人の心とからだを深く傷つけたテロが、やがて16通りの憎しみを生み、次々に連鎖していくことの暗示ではないだろうか。

 マフムードは爆弾についている時限装置をハンスに預けた。「これをあんたが持っているかぎり、爆弾は何の力も持たない」(台詞は記憶によるもの)。つまり爆発はしないと言ったのだ。しかし彼は自爆という手段でテロを実行した。ほかに方法はなかったのか。

 当日リーフレットには、「ミニ辞典」として台詞に出てくる人物や宗教、政治用語、パレスチナ周辺の地図が掲載されており、観劇の一助となる。しかし劇作家クライエムの出自(父がイスラエル人、母はユダヤ系アメリカ人)や、本作の時代設定、いつ初演されたのか、「寛容の心」を持っていたはずのオランダの国情の急激な変容について(たとえばヘルト・ウィルダースのことなど)、もう少し情報が必要と思われる。

 演出の西部守は、本作が演出家デヴューとのこと。終演後は西部自身が客席に挨拶を行った。俳優の熱演やそれに対する客席の反応から、よい手ごたえを得たのであろう、とても良い笑顔をしておられ、こちらまで嬉しくなるほどであった。作品は痛ましい結末を迎える。しかし16人の負傷者すべてが復讐の鬼と化すわけではないのではないか。心身傷つき、激しい憎悪に身を焦がしながら、もしかすると異なる民族の共存への果てしない道のりの一歩が、16人の傷ついた人々からはじまることを祈りたい。そのように思わされた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多摩ニュータウン×演劇プロジ... | トップ | 東京芸術座公演№102『父を騙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。