因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

因幡屋8月の観劇と句会

2017-07-29 | お知らせ

 予約済みをはじめ、「行きたいが行けないかもしれない」公演もいっしょに書き出しておきます・・・の予定だったが、あれま、出先からならわりあい近い劇場だったり、何とかなるかもしれませんぞ。

*劇団青年座『旗を高く掲げよ』
 劇団チョコレートケーキの古川健の書き下ろし。ごく普通のドイツ人の家庭がナチスへ傾倒していく。先日鑑賞した映画『ヒトラーへの285枚の葉書』に登場した夫婦とは正反対に変容していく家族の物語。
*多摩ニュータウン×演劇プロジェクト 瀬戸山美咲作・演出『たまたま』
 多摩ニュータウンで暮らす各世代の証言と、市民ワークショップをもとに「街」を描く舞台とのこと。近年瀬戸山美咲はワークショップを発展させた作品をいくつも発表しているが、自分はまだ観劇したことがないため、今回の作品は大変興味深い。
*劇団民藝稽古場公演『負傷者16人』
 2012年、新国立劇場での本邦初演を観劇したが、その印象の何と散漫で、歯切れの悪いことよ。今回は何かを掴みたい。
東京芸術座『父を騙す-72年目の遺言-』
 春のアトリエ公演『おんやりょう』の温かな手ごたえを持って、夏の本公演へ。
芝居屋風雷坊 第十一廻公演『しょうちゃんの一日』
  脚本は吉水恭子(1,2,3,4)。狭山事件をどう描くのか。
*MSPインディーズ・シェイクスピアキャラバン『新ハムレット』1
 今年も明治大学の現役生と卒業生の熱い夏がやってきた。
温泉ドラゴン『幸福な動物』
*studio salt×マグカル劇場「青少年のための芝居塾公演」椎名泉水作・演出『万!万!歳!』
 昨年夏の『7 2016ver.-僕らの7日目は、毎日やってくる-』に続いて、マグカル劇場の熱い夏になりそうだ。特設サイトはこちら1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20

 句会の予定と兼題は以下の通り。
*本部句会 「夏の果」「桐一葉」事前に連絡不要の句会は気楽な反面、「作れなかったんだなあ」とあとを引くことも。出席するぞの気合いがあれば。
*十六夜句会「赤まんま」「天の川」句会開始30分前に出される席題に楽しみと緊張あり。残念ながら、8月はお休みします。
*演劇人句会「佞武多」(ねぷた)「稲妻」
 「雷」は夏の季語で、「稲妻」は秋の季語なのですね。
*金星句会 「霧」「茗荷の花」
 自分ではあまり実感がないが、かなり早いペースでさまざまなことが吸収ができたのだと思う。これはひとえに主宰はじめ指南役のご指導、兄弟子、姉弟子の見守り、支えのおかげであり、感謝するほかない。ただ数年経つと、さすがにはじめのころのように楽しいばかりではない。
 句会の成績に一喜一憂すまいと思っても、振るわないときは落ち込むし、よければ浮き立つようで、選の多寡でこれほど気持ちが変わる自分に情けなくなるときも。知識や技術も多少身に着いたが、賢しらな知恵、小手先の小技もついてしまったかもしれない。句会は「句」だけを味わうのではなく、それを作った人と向き合うこと、わが身を晒すことでもある。生身の人間同士であるから、人に躓くこともある。「句を見て、人を見ない」という方法も確かにあるのだが、結社の方々は作句に精進することと、句友との交わりを自然に楽しんでおられる。見習うところがたくさんある。俳句は句会あってこそ。座の文芸。人に躓いたときは、俳句に戻ります。歳時記に親しみ、季語を味わいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鵺的第十一回公演『奇想の前提』 | トップ | 多摩ニュータウン×演劇プロジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。