日本共産党 三郷市議 いなば春男 活動日記

埼玉県三郷市で活動しています

メールアドレス
inaba.haruo@gmail.com

しんぶん赤旗「潮流」より

2016年10月08日 | 日々の活動

雷クモ

しんぶん赤旗「潮流欄」にこんな記事が・・・考えさせらます

「米が報復戦争開始 アフガン各地 空爆、ミサイル攻撃」。15年前のきょう8付赤旗日刊紙1面見出しです。当時が思い出されます▼一瞬にして数千人命を奪った9・11米同時多発テロへの怒りを背景に、軍事的報復を当然とする風潮が作られました。戦争熱にうかれるホワイトハウスがそれをあおり、日本の政府もメディアも米国の軍事作戦を「当然」「やむなし」と持ち上げる、異様な事態でした▼

アゲハチョウの幼虫

テロと戦争の悪循環は、その後の世界の風景を一変しました。テロはなくなるどころか、アメリカが「対テロ戦争」を続ける間に、年間のテロ犠牲者は9倍にに激増。2014年には50人以上のテロ犠牲者が出た国は25カ国で過去最多に、と先日の赤旗本紙特派員電に▼新聞協会調査で、空爆開始を取り上げた各紙の社説61本は「強弱はあるものの、空爆やむなし」だったことも驚きです。空爆に反対した新聞は「赤旗」以外になかった。

畑を散歩するどぶカニ

戦争熱に吹かれると日本のメディアはこんなにもぜい弱なのか、と、▼空爆を当然視した日本のメディアはその裏返しとして、戦争によらない解決の道を排除しました。”戦争でテロはなくせない””理性と法による裁きを”の主調を事実上黙殺したのです▼

タニシの歩み

戦争とテロが招いた世界の現実は、戦争を「する」側の目でしか報じないことのこわさ、罪深さを痛感させられます。「あのとき、戦争に反対する新聞が日本に一つもなかった」などといわれない、確かな目を持ち続けたい。今日につながる重い教訓です。

オニクモ

さて、今日もすかっとしない。涼しくどんよりとした天気だ。こういう時期は持病の腰痛が再発してしまった。湿布薬をたくさん貼ったが変わらない。やることは沢山あるが気ばかり焦ってしまう。いやな季節になってしまった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「喝」 | トップ | 「金」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL