司法書士アット.法務オフィス

債務整理無料相談ダイヤル
フリーダイヤル:0120-030-407

運送ドライバーの待遇改善 国交省が契約ルール改正待機時間料金など書面化

2017-05-19 11:06:13 | 日記
人手不足が深刻化するトラックドライバーの待遇改善に向け、国土交通省は18日、トラック運送事業者が荷主と契約を結ぶ際のルールを改正する方向で最終調整に入った。あいまいだったドライバーの待機時間などへの費用負担を荷主が書面化するよう求める。適正料金を受け取れるようにすることで、ドライバーの所得向上や事業者の人員確保を後押しする。

日常的に多くの運送契約を扱う運送事業者は荷主と契約を結ぶ際、定型化した「運送約款」に沿って取引ルールを決めており、国交省がひな型となる「標準運送約款」を告示で定めている。改正するのはこの標準運送約款で、国交省は月内にも告示の改正案をまとめる。

改正案では荷主が運送事業者に送る書面に、配送運賃だけでなく「待機時間料金」や「(荷物の)積み下ろし料金」の詳細なども記載するよう定める。ドライバーは配送以外にも積み下ろしを請け負ったり、荷主の都合で待機を余儀なくされるケースも多いが、現行の標準運送約款ではこうした業務や拘束時間に対する費用負担の書面化が規定されておらず、“サービス残業”が後を絶たなかった。

ほとんどのトラック運送業は中小事業者のため、運送契約は荷主優位の傾向にある。国交省の調査では、待機時間や積み下ろしの料金を「運賃とは別に受け取っている」とした事業者は1割にも満たないほか、8割近い事業者が十分な料金を荷主から受け取れず「人件費に影響が出ている」と回答していた。


配信記事:SankeiBiz


当事務所では、借金に関するお悩みや、返済が済んだ業者への過払金返還請に関するご相談を、無料で何度でもお答え致します。

ご相談方法は、『フリーダイヤルによる電話相談』『来所による相談』『24時間受付をしているメール相談』がございます。

何度ご利用になられても費用は掛かりませんので、気軽にお問い合わせください。


過払金返還請求・債務整理無料相談ダイヤル
℡:0120-030-407
Web site
http://www.inaba-shosi.com
Contact
http://www.inaba-shosi.com/contact/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもの虫歯二極化、口腔崩... | トップ | 銀行カードローン、全銀協が... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む