司法書士アット.法務オフィス

債務整理無料相談ダイヤル
フリーダイヤル:0120-030-407

日本郵政、289億円の赤字=豪社関連損失で民営化後初

2017-05-16 12:44:24 | 日記
日本郵政が15日発表した2017年3月期連結決算は、純損益が289億円の赤字に転落した。15年に買収したオーストラリアの物流大手、トール・ホールディングスの業績低迷を受けて4003億円の特別損失を計上したため。赤字は07年10月の民営化後初めて。

トール社は豪経済の悪化に伴って業績が悪化。日本郵政は買収価格と実際の資産価格の差額に当たる「のれん代」の償却費用などを損失として一括計上した。記者会見した長門正貢社長は「初めての赤字決算は大変残念。(損失処理は)負の遺産を一掃し、スタートラインに立つためだ」と強調した。

傘下の日本郵便は、「ゆうパック」の取扱高が過去最高となったことに加え、トール社の買収効果もあり売上高は伸びた。しかし、損失処理の影響で純損益は3852億円の赤字となった。

ゆうちょ銀行は減収減益。マイナス金利を受けて国債の受取利息が減り、資金運用などから得られる資金利益が大幅に落ち込んだ。運用資産全体に占める国債の割合は過去最低の33.2%。かんぽ生命保険は、契約残高の減少で減収となったが、利益率の高い契約が増えた結果、純利益は増益だった。


配信記事:時事通信


当事務所では、借金に関するお悩みや、返済が済んだ業者への過払金返還請に関するご相談を、無料で何度でもお答え致します。

ご相談方法は、『フリーダイヤルによる電話相談』『来所による相談』『24時間受付をしているメール相談』がございます。

何度ご利用になられても費用は掛かりませんので、気軽にお問い合わせください。


過払金返還請求・債務整理無料相談ダイヤル
℡:0120-030-407
Web site
http://www.inaba-shosi.com
Contact
http://www.inaba-shosi.com/contact/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トヨタ、役員賞与15%減=平... | トップ | 銀行カードローン、19年ぶ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む