(仮)日本の医療 

医療の歴史を観る
文責 ina.takasi

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

癌・予後統計(20年間の致死率・入通院率・完治率)

2015-10-07 23:22:52 | コラム

過去20年間、癌発症者(罹患者)数累計を母数とした死亡率(致死率)・有病率(入通院・総患者数)及び完治率(統計上消息不明者)の割合を癌種別に推定した。年次毎の死亡者数/有病者数の比率では然程高率では無い。だが、累計での死亡者率では以外に厳しい結果だ。但し、EXCEL 集計なので演数に瑕疵があるかも知れない。僕的には参考にでもして貰えればGOODである。

 

有病者数(罹患者総数)は厚労省の Patient Survey2011 に掲載された数値とその傷病コード(ICDcode)から罹患者数及び死亡者数をcancer_mortality(1958-2013)cancer_incidence(1975-2011) から、其々引用した。

上皮内がん(非浸潤)は原則的に算入されていません。

神経中枢や腎は有病者統計と罹患者集計や死亡者集計等で ICD コードが異なる為、推定していません。

 

性特異的で無い癌種は男女合算です。まずは致死率ランキングから・・・。

 

続いて全部位がん

 


 

全部位がんの罹患者集計では多重がん(ICD c97)は含まれていません。C00-c96迄の罹患集計です。

 

致死率最下位の子宮体部から

乳がん罹患者集計ではICD D05(上皮内がん) を排除した結果2003年から2011年の集計となりました。

 

 

 

 

 

大腸がんの罹患者の集計の一部にC21(肛門)が含まれています。

 

 

 

 

SOURCE

cancer_mortality(1958-2013)

cancer_incidence(1975-2011)

平成23年患者調査(傷病分類編) - 厚生労働省 

Patient Survey2011

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/10syoubyo/dl/h23syobyo.pdf

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男性のがん:「がん平均死亡... | トップ | 癌・致死率推移(過去20年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。