西村一朗の地域居住談義

住居・住環境の工夫や課題そして興味あることの談義

中越地震から三年、中越沖地震から三ヶ月

2007-10-23 | 時論、雑感
中越地震から三年、中越沖地震から三ヶ月のようだ。今朝、今日は在宅だったので8時35分からNHKTVで「生活ほっとモーニング」で「中越沖地震から三ヶ月再起の物語」を見た。コメンテーターで塩崎賢明さん(神戸大教授、京大建築後輩)が出演していた。住宅の倒壊から再建するのに国や地方自治体が殆ど補助しない理由や実態を説明していた。鳥取県の片山善博知事(現・慶大教授)が地震で全壊した家屋に300万円補助といった例も紹介していた。この番組を見ながら、自分達自身の地震対策を妻と話し合った。今度、自宅の火災保険の改定に当って地震保険も付加することにした。もし、大地震で現・自宅が全壊すると結構な再建費用が必要で、退職金貯金では到底まかないきれないからである。年に5千円ほど掛け金が増える。他に、草の根自治体や京都府の地震にあたっての補助システムも調べておかねばなるまい。
(写真は、塩崎賢明さん)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラフィックデザイナー・杉... | トップ | 杉浦康平さんの話(続き)-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL