西村一朗の地域居住談義

住居・住環境の工夫や課題そして興味あることの談義

3月は人を送る月

2007-03-11 | 奈良・精華町の思い出(教授時代)関連続き
3月は人を送る月だ。卒業式はその最たるものだが、定年等で辞められる方を送る機会も多い。今日、T居住地の私の「窓のある書庫の家」に2002年、2003年の日記ファイルを運んだのだが、その中に送る記事があった。前に書いたかも知れないが、私は1988年2月10日に「ワープロ日記」を書き始め、以来一日も欠かさず今日まで19年間書いている。最初から、2000年までは厚み5cmのファイルを使っていたが、21世紀に入って2001年は厚み6cmとなり、2002年、2003年は厚み8cmにもなってきた。今日は、その2002年、2003年の二冊だけふうふう言って運んだ。で、その2003年の3月あたりを眺めたのだ。4年前のことだ。
・丹羽雅子学長が退官・・歓送会が3月26日(水)に「春日荘」にて行なわれる。
私のスピーチの中の575「手触りも目にも優しい庭の櫻(はな)」注:丹羽先生の研究は、京大の川端先生と共に布などの手触り具合を工学的に数値化する方法の開発、その測定器も作られた。これで紫綬褒章を貰われた。だから「手触り」である。「庭」は奈良女子大の中庭だが、丹羽に通じている。丹羽先生はわが国国立大学初の女性学長であった。
・吉村篤一教授が退官・・Professor Architectとして5年間勤めていただいた。「吉村先生を送る会」が3月29日(土)に「月日亭」で行なわれた。私のスピーチの中の575「コルを越え地平の彼方吉の村」注:コルは建築家コルビュジェではあるが、同時に山の鞍部の意味もある。CorとColでスペリングが違うが・・。
お二人とも以後も元気にご活躍である。
(写真は、丹羽雅子さん)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まちづくりで総合化出来るの... | トップ | 建築管理過程からの教訓ーす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL