徒然なるままに…建築家のボヤキ。。。

I・N設計スタジオ ブログ

(仮称)N.Dining計画-8

2017-04-21 08:49:58 | 店舗新築・リニューアル・リノベーション
 見積依頼を3社にかけ見積書が提出されたのが3月末。

 予想の範疇内で金額を出してきたのが2社。もう1社は予想をはるかに超えた金額…。

 

 クライアント夫婦は東京にいる為、ご両親と金額の打合せをすることとなる。資金調達の相談に金融機関、創業支援センターの担当者にもお母さんが奔走。

 ここでの私の役どころは、提出された工事金額をいかに有効な減額案を提示し金額を下げるか。しかも店舗のイメージは崩さないことが前提だ。

 この後数日間で一捻り、二捻りした減額案を作成した。

 減額案の項目一つ一つ、それを加味した全体金額をご両親と打合せし概ね了解を得るが、最終的に減額案を受け入れるか否かはクライアント当人たちに最終確認しなければならない。

 あらかじめ減額案と全体金額の資料をクライアントに送り、仕事の休日に電話で打合せを行った。

 減額項目一つ一つ説明しほぼ全項目において了解を得た。これで全体金額が確定し事業計画&資金計画に頭を捻ることになる。

 勝負はクライアント夫婦が帰省する時だ。さあここまで何とかたどり着いた。

 クライアントと始めて会った時から足掛け4ヵ月半、よく走り抜けたものだ…。


 ~つづく~
ジャンル:
リフォーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古民家焼肉さとるちゃん現場... | トップ | 犬とくつろぐイエ現場日記 17... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL