ロッキングチェアに揺られて

再発乳がんとともに、心穏やかに潔く、精一杯生きる

2017.4.29 Sho先生のメルマガ登録!がん患者心得集その1

2017-04-29 20:00:24 | 日記
 愛読している押川勝太郎先生(Sho先生)のブログ「がん治療の虚実」で、今度先生がメルマガを始められると知った。
 登録すれば最新の患者心得集が頂けるとのこと。迷わず登録した。すると折り返し、すぐにこんな文章が届いた。
 以下、転載させて頂く。

※   ※    ※(転載開始)

メルマガ・がん治療の虚実への登録ありがとうございました。

腫瘍内科・NPO宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎です。
いままで「がん治療の虚実」ブログではあまり実名は書かず、自分自身は前面に出ない様に心がけてきました。

あくまでも、がん治療のノウハウを蓄積するデータベースとしてブログを活用してきたからです。一般の方からは内容が難しいとか、堅苦しいという意見があったのは事実です。
しかし、がん治療について必死に情報を探している患者さんと家族にとって、どうでも良いノイズは極力減らしたいものです。

一方、このメルマガではそんな制約もなしにして、自由闊達に書きつづっていきたいと思います。
治療ガイドラインを含め、医学情報は必要不可欠ではありますが、無味乾燥な文面や情報だけでは、患者さんや一般の方に受け入れにくいことも事実です。
もっと、治療現場の雰囲気を醸しだし、がん治療医の率直な思いをお届けします。

(転載終了)※   ※   ※

 そして今なら漏れなくプレゼント、の「がん患者心得集」である。
 拝読して、もうこれは私のブログをお読み頂いている方たちにもご紹介してシェアさせて頂くしかない!と膝を打ち、かなりの長文ではあるが数回に分けて転載させて頂く。
 そして、それぞれについて今の私の思いや状況も付け加えておきたい。

※   ※   ※(転載開始)

ーーーがん患者心得集2017年4月版ーーー

抗がん剤治療(化学療法)の常識を知ろう
悪性疾患と良性疾患は真反対
1.元気な人ほど治療効果が出て、副作用が出にくい→見た目で判断できる
2.安静にするほど良くない→体力筋力が低下するし、がんと安静は無関係。
3.慎重な人ほど治療が失敗しやすい→どんどん行動範囲が狭くなるから
4.減塩は良くない(ことが多い。ただし心不全、大量腹水などは例外)
5.主治医に言いたい放題の人ほどうまくいく→言わないと医師は気付かない
6.化学療法の最重要事項は効果ではなく、副作用を抑えること
7.困ったときは逆手に取る(例:副作用出現しても、次回の対策の糧となる)
8.受け身になるべからず→質問する、経験者と話す、本を読むなど主体性を
9.多くの種類の抗がん剤を使える人の方が長生きできる
10.きついときは受診をためらうな。→空振りでもかまわない。経験をつめば、いずれ自分で状況判断できるようになる。

(転載終了)※   ※   ※

1.→だからこそ出来るだけ元気でいるに限る、ということを実感する。体調管理を続けながら出来るだけ今の元気を保ちたい。治療効果があれば今以上に普通の生活が続けられるわけである。パッと見、私がステージ4歴9年余のがん患者に見えない、という今の状況が続きますように。
2.→一日横になれば筋肉が復活するのに同じ時間がかかる。そのことを肝に銘じて、抗がん剤の副作用でどうしても動けないときは別として、これからもヨガを続けて筋力アップとまではいかなくとも、筋力をキープしたい。
3.→どちらかといえば慎重な方ではあるが、ここぞというときには大胆に思い切るところがある。判断は遅い方ではない。自分の身体の声を聞きながら、躊躇わずに治療を続けて、今の行動範囲をキープしたい。
4.→減塩は特に意識していないが、出来るだけ薄味を心掛けた普通の食事をしている。(減塩に気をつけて欲しいのは血圧の高めな夫のほう)
5.→言いたい放題というほどではないが、主治医にはこれまで言いたいことはきちんとお伝えできている。これからも今の良好な関係を保っていきたい。どんな人間関係も以心伝心は基本難しいものだという思いがあるので。
6.→これはついつい忘れがちであった。治らないのだから無理に治そうとするのではなく、ゴールは出来るだけ先にして長く共存すること、されば副作用はミニマムに抑えたい。これぞ最重要事項と再認識。
7.→これまでも色々な副作用に悩まされてきた。けれどそのことは次回以降に生かせている、と思う。(とはいえ、なかなか上手くいかないときもあるけれど・・・)
8.→受け身での病気との共存はありえない。なにしろ自分の体のことである。これまで主体性をもって再発治療の9年余を過ごしてきた。これだけは自信を持って言える。
9→数えてみたら優に10種類を超える抗がん剤を使わせて頂いてきた。だからこその今である。もちろん、道は山あり谷ありまさかの坂もあったけれど、結果的に長生きしている。
10.→きついと思ったときには受診してきている。(結果、そのまま入院ということもあった。)そして今ではその加減も充分分かるようになってきた。自分の身体、自分の感性を大事にしたい。家にいながら主治医に私の具合悪さを察してほしい・・・はありえない。

 がん患者心得はまだまだこの先続く。一気呵成に全てご紹介してしまうことも考えたが、せっかくの珠玉のような心得集。あまり先を急いではもったいない。
 今日はこの辺でいったん終了である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.4.28 地味に辛いのは・・・ | トップ | 2017.4.30 Sho先生のメルマガ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シェアさせていただきます。 (ターコイズ)
2017-04-30 13:55:13
ロッキングチェアさん、こんにちは。
大変ご無沙汰しております。

治療を変更されてから、副作用に悩まされておられるご様子にずっとご心配申し上げておりました。そんな中でもヨガはパワーの源のようですね。素晴らしいです。もっともっとご体調にも良い効果が生まれますよう、願っております。

今回の押川勝太郎先生のメルマガからのとっておきのプレゼントのご紹介、ありがとうございます。シェアさせていただけて、感謝です。

実は勉強不足の私は押川先生のことを存じ上げておりませんでした。
「がん患者心得集」。お医者様がこんな風に明確に記してくださるなんて、嬉しいですね。
逐一うなずいてしまいました。
これを機に記事やご著書を読ませていただこうと思います。
教えてくださって、本当にありがとうございました。

おかげさまで私も今のところ、なんとか1の元気な状態を保てております。
おっしゃるとおり、パッと見ステージ4に見えないであろう状態でいられることは、私の生きる力になっております。
少しでも長くその状態が続けられれば…ですよね。

新緑の美しい、爽やかな季節です。
素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。
お久しぶりです (ロッキングチェア)
2017-04-30 20:22:15
ターコイズさん、こんばんは。

お久しぶりです。
お元気でいらっしゃるとのこと、何よりでした。
また、私のことをご心配頂き、恐縮です。

治療の副作用は色々ありますが、おかげさまでヨガと瞑想で随分心穏やかに日々を送ることが出来ています。私にとって今は欠かせないものの一つになりました。

押川先生は以前、新聞にも連載をされていたことがありました。本も書いておられますので、よろしければご覧ください。ブログとともにとても勉強になります。

これからもお互い細く長くしぶとく、パッと見、ステージ4には見られない元気な患者でいられるように、頑張り過ぎずに頑張ってまいりましょう。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

本当に爽やかな季節ですね。今日は三日月がとても綺麗です。
ターコイズさんも素晴らしい大型連休をお過ごしくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL