ロッキングチェアに揺られて

再発乳がんとともに、心穏やかに潔く、精一杯生きる

2016.11.6 瞑想ヨーガ指導者養成コース後期7日目、終了後はパーティ!

2016-11-07 00:03:52 | ヨガ
 今日も良いお天気。ぐっすり連続して5時間半ほど眠り、すっきり目覚める。まだ大分早いので、朝風呂で身体を温め、気分上々だ。

 瞑想ヨーガ指導者養成コースの後期7日目。昨日より少し早めにスタジオに到着したが、既に先着の方が数名。今朝もSさんにご挨拶した後、ガネーシャ像へのお祈りから。

 今日も昨日に引き続き、午前・午後ともゲスト講師のスペシャルカリキュラム。Sさんが出席を取った後、「午後、M先生による上級者向けアーサナの実践練習を心配している方がいるようだけれど、出来ても出来なくても気楽に臨んでほしい、流派の違うポーズは出来ないことの発見に繋がるので、とても良い経験になる」とコメントがあった。

 私は端から上級者向けのポーズが出来るようになろうなどと無謀なことは考えておらず、出来なくて当然のスタンスなので、かえって気楽でリラックスしている。今朝は最初からペアワークが出来るようにマットが敷かれている。スタジオ窓側の定位置をキープして、今日もNさんとペアを組む。

 前半は指導者のための研究と実践4。「運動指導法・カウンセリング・パーソナル指導法」と題して、昨日の午後に引き続きゲスト講師K先生の講義だ。運動指導者として、運動が心身に及ぼす影響や注意事項、禁忌事項を学ぶ。コーチとトレーナーの違い、フィットネスの5ポイントについての説明の後、カウンセリングのカルテや免責事項同意書等を用いながら、実際にK先生とSさんの間でカウンセリングのデモンストレーション。
 お二人ともさすがにお上手で、見ていてとても勉強になる。健康面の質問では、薬剤師であるKさんの興味深いコメントも聴くことが出来た。

 休憩後は、ペアになってカウンセリングの実践を行った。自分自身のこととして答えてもよいし、誰か家族を想定して答えてもよいとのこと。ヨガスタジオ入会の時にも簡単なカルテを書いた記憶があるが、こういう意味があったのね、と今更のように納得する。

 後半は個別の指導法で、体系体質別の見立てと特徴、対処法等を均整術の観点から実践する。前期に学んだ頸椎、胸椎、腰椎の並びを思い出しながら、身体の歪みや不調がある臓器がどの部分に対応し、どこをどう刺激すれば症状が改善されるのか、実体験。あまりに速攻で効果が出るので、やればやるほど面白くてたまらない。

 お待ちかねのランチタイムは、今日もNさんとイタリアンカフェへ。2人で2種類のパスタをシェアして午後からのカリキュラムに備えた。

 午後は、前期にも教えて頂いたM先生による指導者のための研究と実践5。「指導者のためのアーサナトレーニング」と称して、自分自身を深めるトレーニング:アーサナ編。参加者皆が武者震いするような上級者向けアーサナのカリキュラムだった。

 M先生の「今からチャレンジングポーズではなく、ただ立つだけの基本姿勢(タダーサナ)を1時間練習することも出来る。難しいと思えるポーズでも、身体が着実に準備出来ているとポーズがピタッとなる感覚になる。ギリギリにチャレンジしつつも安全第一でリラックスしてやってほしい。」とのコメントがあった。また「シンプルで難しくないと思えるようなものほど実は難しい。大きなポーズに向かうより小さな筋肉の動きをキャッチするには誰でも出来るポーズが難しくなる。」などのとても深いお話に頷くことしきり。

 四つん這いの姿勢になってから、ペアワークでアジャストをしていく。人にチェックしてもらうのは本当に沢山の気づきがある。足の高さ、骨盤をまっすぐに、と普段より感覚を研ぎ澄まして、繊細な感覚を持ちながら丁寧に身体を動かしていく。

 これまでそんな身体の動かし方に慣れていない私にはとてもハードルが高いと思っていたのだけれど、思いもよらず、先生からお褒めの言葉を頂き、とても嬉しかった。休憩時間も忘れるほどスタジオ内は皆の熱気でムンムン。ガラスが曇るほどになった。外は風が強く結構寒くなっていたようで、びっくりだった。

 今日も中身の濃い学びが終わった。引き続き、3周年記念のパーティへ。
 昨年の2周年記念パーティ同様、少人数でアットホームな雰囲気の着席スタイルだ。司会の事務局Mさんが開会宣言。まずはS先生のご挨拶、次に均整術の師匠であるK先生が乾杯の音頭。

 ケータリングされたベジタリアン料理が所狭しとテーブルに並び、シェフからメニューのご説明。どれもこれも皆とても美味しそうでワクワクする。前期にご一緒したエステティシャンAさんが抽選で4名にショートエステをしてくださるというサプライズプレゼントがあり、希望者は当然沢山。じゃんけんに参加したが、あえなく敗退。まずはお腹を満たして歓談タイム。
 
 参加された方が手作りされた大きなミックスベリーケーキも披露され、皆から歓声があがる。事務局として活躍されているスーパー秘書Mさんのお誕生日がスタジオのオープンの日だったということで、ろうそくを3本立てて、ハッピーバースデーソングを皆で合唱。Mさんが吹き消して拍手喝采。

 合間には“瞑想を行って人生で変わったこと”をカードにしたためる時間もあり、ヨガの学びに基づいた3人チームになってクイズタイムも。なかなかどうして難しく、IさんとHさんとご一緒したが、正解率は・・・だった。

 そうこうしているうちに最後の瞑想の時間になる。障害を取り除くガネーシャのキールタンを歌う。いつものように、1回目は自分の障害が取り除けることを祈り、2回目は自分の大切な人の障害が取り除けることを祈り、3回目は世界中の障害が取り除けることを祈り、皆で歌う。

 3周年の記念グッズのオリジナル手ぬぐいをSさんから手渡しして頂き、全員で記念撮影をして楽しい会はお開きになった。Sさんに素敵な夜をありがとうございます、とお礼を言ってスタジオを後にした。

 最寄り駅まで夫が迎えに来てくれて、買い物をして帰宅した。
 明日からまた新しい1週間が始まる。来週も出張あり、会議ありであっという間に週末を迎えそうである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.11.5 瞑想ヨーガ指導者... | トップ | 2016.11.7 幸せ度と健康の相... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL