こんなことがありました。

趣味の写真に関するブログです。
毎日写真を投稿しています。

ソニー α9

2017年04月20日 | 機材について
ソニーのα9が発表されました。噂のとおり20フレーム/秒のAF連写、2400万画素の高速機です。想像していた通り、高速読出しでローリング歪対策をした電子シャッターが使えます。グローバルシャッターじゃないという不満もクチコミで見かけますが、メカニカルなシャッターと同程度にはなっているので、ローリングシャッター歪対策としては十分だといえそうです。
電池容量もアップ。SDカードスロットのダブル、測距点選択のジョイスティックもつきました。このあたりは予想されていた通りなのですが、予想外だったのは、α7RⅡとほとんど同じ大きさだったことです。意外に開発コストを抑えた製品のような気もします。α99Ⅱが4100万画素で12フレーム/秒のAF連写だったことを考えると、データ処理量はさほどかわっていないので、処理回路も同じレベルのものを使っているのかも知れません。
フルサイズには高画素を求めているのでこの機種はPASS、というかソニーは高画素機はまだ出さないと読んで、オリンパスを買ったので、噂がはずれなくて良かったです。

不思議なのはまだメカシャッターを積んでいること。ローリング歪以外にも完全電子シャッターの問題あるのでしょうか?

売れるかどうかはよくわかりませんが、エポックメーキングなカメラであることはまちがいありません。
このセンサーでニコンがフルサイズミラーレスを作る。(さすがにソニーより先には使えなかった)というのが個人的な読みなのですがどうなりますか?仮にミラーレスでシンプルニコン(ニコンFEのキャッチコピー)復活なんてことになったら、初Fマウント機を買ってしまうかも知れません。

補足:ミラーレスで完全電子シャッターついでにストロボ省略、手振れ補正はレンズとなるとそうとうコンパクトなカメラができそうです。ニコンはモノコック構造なのでなおさらです。フィルムカメラでモーターがカメラに内蔵される前の大きさというのが理想なのですができないものでしょうか。



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ギャラリー2017】今年の桜 #02 | トップ | 青葉の四季 桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。