久留米市 いむた小児科 あいあい通信

福岡県久留米市の地域小児科医療のあいあい通信

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こどもの花粉症が増加

2013-02-02 | 日記

 
 日本人の約三割が「花粉症」と言われる昨今、こども達の花粉症の比率も徐々に増えているようです。本来、花粉症の症状は大人に顕著に現れますが、こども達も年齢が上がるにつれて症状が出やすくなります。一般的に二歳~三歳頃の幼児に花粉症の症状が出ることも珍しくありません。学童期に症状が出れば、鼻詰まりやかゆみなどで勉学に身が入らないこともあるので注意しましょう。
 花粉症は特定の時期に起こる季節性のアレルギー疾患です。今の時期はスギ花粉が影響し、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみや充血などが起こります。幼児の場合は自分で症状を訴えることができません。目の充血やかゆみによる引っ掻き、野外で急に目をこすり始めたなどで気づくこともあります。こどもに出る症状としては鼻詰まり、鼻水、目の充血やかゆみなどが多いようです。軽度の場合は予防対策だけで対処可能ですが、症状がひどくなれば抗アレルギー薬の使用も必要です。また、アレルギーを起こしやすい体質もありますので、家族にアレルギー体質の人がいれば要注意。本人に食物アレルギーや喘息がある場合も花粉症の発症リスクも高くなりますので、花粉症が疑われたら受診して診断を受けてください。

日常の花粉症対策が大切 
 今は天気予報で花粉の飛散予想が出ています。花粉は天気が良い風の強い日の午後が
最も多く、雨の日は少なくなります。
◆花粉の多い日の外遊びは午前中に済ませましよう。
◆外出時は髪をまとめ、帽子、マスクを着用しましょう。
◆帰宅後は玄関で衣類を脱いでうがいと洗顔を習慣付けましょう。
◆窓は開けたままにせず、布団や洗濯物を干したら花粉をしっかりはたき落としてから室内に取り込みましょう。
◆毎年必ず症状が出る人は花粉飛散の二週間くらい前から、抗アレルギー薬の服用が効果的です。

  



この記事をはてなブックマークに追加

感染性胃腸炎が流行

2012-12-08 | 日記

 
 この時期になると毎年流行を繰り返す感染性胃腸炎。今年は大流行した平成十八年に次ぐペースで患者数が増加しています。一度流行するとみんなに免疫がつくので暫くは沈静化しますが、免疫力が低下した数年後に再び活発化するようです。このまま患者数が増えれば、大流行する恐れもありますので周りの流行状況に注意しましょう。
冬場に流行する胃腸炎はウイルス性のものが中心で、主にノロウイルス、ロタウイルス、サポウイルスなどが原因します。症状としては、発熱、腹痛、嘔吐、下痢など。小さいお子さんの場合は反復性の嘔吐や下痢があると、脱水症を起こして体力低下を招くので注意が必要です。この時期に下痢や嘔吐の症状が見られたら、早めの受診で対処してください。

小さいお子さんは特にご注意ください 
 生後六ヶ月~二歳頃の乳幼児に流行する乳幼児嘔吐下痢症も、ロタやアデノウイルスが原因する感染性胃腸炎のひとつです。いつもの元気がなくなり、急に39度前後の熱が出て嘔吐と下痢を繰り返したら乳幼児嘔吐下痢症を疑ってください。下痢は白色~黄白色の水溶性の便で、一日に何回も下痢を繰り返します。
症状が激しく脱水が進んでいるときは、点滴治療で水分と栄養を補給することも必要です。お子さんの症状の変化に注意しましょう。

嘔吐下痢時のケア
 乳幼児は嘔吐や下痢が続くと脱水症状を起こしやすい特徴があります。嘔吐や下痢が治まったら、アルカリ飲料や薄めたりんごジュース、お茶などを飲ませて水分補給をしてください。一度に沢山飲ませると再び嘔吐しやすいので、少しずつ飲ませましょう。
 母乳の場合も一回の授乳時間を短くして、回数を増やしたほうが良いでしょう。脱水が進むと命に関わることもありますので、症状が重い場合は必ず受診してください。




この記事をはてなブックマークに追加

小児期のアレルギーを乗り切ろう

2012-09-04 | 日記

 
  今や日本人の三人に一人が持っていると言われるアレルギー疾患。大人になったときに慢性化させないためには、小児期での適切な予防と治療が大切です。アレルギーは外敵であるウイルスや病原体から体を守る機能(免疫)が過剰に働いて起こります。現代は生活環境が清潔で快適になった反面、少しの刺激でもアレルギー反応が起こるようになりました。
 こどものアレルギーで代表的なものは、小児喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーです。いずれも成長盛りのこども達には厄介な症状が伴います。アレルギーが出てしまったら対症療法で症状を改善しますが、発作などの症状を起こさない予防治療が最も大切です。症状が出たときだけの治療で済ませず根気よく対処しましよう。


小児喘息は予防が大切 
 これから冬場にかけては喘息発作の出易い時期です。喘息疾患をお持ちのお子さんは、昼間活発に動いた日は夜間に発作を起こしやすいので注意しましょう。普段から吸入治療などで気管支の炎症を抑え、喘息テープでの予防対策が大切です。

アトピー性皮膚炎は悪化を防ごう
 小児のアトピーの場合はかゆさを我慢できずに、患部を引っ掻いて症状が悪化することがあります。手袋をさせるなどの引っ掻き予防対策も必要です。皮膚の炎症にはステロイド剤やその他の塗り薬が必要になります。今は薬の種類も広がっていますので、症状に応じて使い分けが効果的です。
 
食物アレルギーは成長と共に改善
  食物アレルギーは乳幼児期に多くみられますが、小学校入学時期までには約九割の人が改善するようです。治療は原因食物を特定して控えたり薬の服用などですが、成長期のこどもには代用食でしっかり栄養を確保しましょう。



※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

風疹が流行の兆し

2012-08-09 | 日記

 
 風疹は主に小児期のこどもを中心に、不規則な間隔で流行を繰り返す感染性の病気です。症状は麻疹(はしか)に似ていて、発熱、発疹、リンパの腫れなどがあります。一般的に症状は軽く数日間で治まるので、三日はしかと呼ばれた時期もありました。以前は春から夏にかけて多くみられる疾患でしたが、近年は季節に関係なく流行し、大人の感染者が増加しています。
 大人の感染者の増加要因には昔の予防接種があるようです。以前は中学女子を対象に接種が行われたり、平成六年には対象者が中学生から生後12月~90月未満のに乳幼児に変わりました。当時の七歳~中学生までの年齢層には公費による経過措置も設けられましたが、接種を受けず免疫を持たないまま大人になった人が多数でたようです。それらの人達が結婚年齢域になり、大人の感染者にもなっています。

妊娠初期の女性は要注意 
 風疹が流行して一番厄介なのは、妊娠初期の女性の感染です。注意しないと生まれてくる赤ちゃんに難聴や白内障、心臓病などの先天性の異常が出る恐れがあります。妊娠の可能性のある女性は周りの感染者に注意しましょう。
 風疹ワクチンは一度の接種で96%以上の人に免疫が出来ます。接種歴のない人はぜひ受けて備えましょう。

今年は都市圏を中心に流行中
 国立感染症研究所の発表では、関西や関東などの都市圏を中心に感染者が拡大。七月中旬までに風疹と診断された患者数は去年の1.6倍に達しているとのこと。感染者の中心は20代~40代の男性が約60%を占め、予防接種を受けていないことが多いとしています。この世代は家族や同僚に妊娠中の女性がいる可能性が高いので、赤ちゃんへの影響が懸念されています。
 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

こどもが最多、食中毒

2012-08-09 | 日記

 
 食中毒を起こす原因は様々ですが、その内の約八割を細菌性の食中毒が占めています。近年は感染力が強いカンピロバクター菌やO157などの腸管出血性大腸菌が幅をきかせ、食中毒と言うより感染症に近い疾患となっています。そして、罹患者の大部分が乳幼児から高校生までのこども達です。
 食中毒が起きやすいのは気温や湿度が高くなる夏場がピークですが、最近は食生活の変化で年間を通して油断できません。特に重症化しやすい細菌性の食中毒は、激しい下痢、腹痛、嘔吐、発熱などの症状が重なり、小さいお子さんは脱水を起こして重症化しやすいので要注意です。菌を持ち込まない、殺菌する、で食中毒を予防すると共に、食中毒が疑われるときは早めの受診で対処しましょう。

私達の周りにいる食中毒菌 
◇サルモネラ菌
 患者数が最も多く発生している菌で、けいれんや血便などを起こして重症になりがちです。イヌ・ネコ・トリの腸にいる菌が食品や卵などを介して感染します。
◇カンピロバクター菌
激しい腹痛や下痢が特徴のこどもに多い食中毒菌です。小鳥などのペットから感染する場合があるので注意しましょう。
◇腸炎ブビリオ菌
 主に魚介類から感染します。生で食べる生鮮食品は新
鮮なものを選んで、時間が経ったものは必ず火を通しましょう。
◇病原性大腸菌
 生肉やミンチなどに菌が多く、相次ぐ死亡事故で飲食店での「レバ刺し」が禁止されました。微量の菌でも人から人へ二次感染しやすいので、保育園や幼稚園で集団感染した例もあります。海外での食材生産も発生増加の要因と指摘されています。肉類はしっかり火を通して調理器具はこまめに消毒をしてください。


 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

細菌性髄膜炎に備えよう

2012-04-01 | 日記

 乳幼児期に罹る恐れのある病気の中で、最も注意したいのが細菌性髄膜炎。発症してしまうと適切に治療しても治癒がきわめて難しく、発達障害やその他の重い後遺症が残る恐れがあります。細菌性髄膜炎を起こす原因は三分の二がインフルエンザ菌b型(ヒブ)、四分の三が肺炎球菌で、年間約一千人の小児が罹患しています。
髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜(ずいまく)に細菌が入りこんで炎症を起こすもの。最も発症率が高いのが生後六ヶ月~二歳くらいの乳幼児です。でも四~五歳くらいまでは発症する可能性があり、乳幼児期は油断できません。
これらを引き起こす原因菌は普段私たちの喉や鼻の粘膜に住んでいて、体の抵抗力が落ちたときに発症します。細菌性髄膜炎の怖さを認識して、しっかり備えることが大切です。

こんな症状に注意 
 髄膜炎の初期は風邪症状と同じで、早期診断が極めて難しいのも厄介。油断していたら症状が急変して慌てたと言う場合も少なくないようです。
急な高熱、機嫌が悪い、泣き止まない、意識がもうろうとしている、ぐったりしている、けいれんが続く、飲食ができない、嘔吐するなど、お子さんの様子がおかしいと感じたら受診を欠かさないようにしましょう。

ワクチン接種で備える
 細菌性髄膜炎を起こす主要菌、ヒブと肺炎球菌はワクチン接種で防ぐことが可能です。いずれのワクチンも諸外国では百カ国以上で導入されていて、ヒブは過去の病気とまで言われています。国内では昨年からやっと公費負担で接種できるようになっています。対象年齢になったらワクチン接種を受けましょう。




 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ治療最前線

2012-02-04 | 日記

 従来のインフルエンザ治療は解熱薬や鎮静薬を服用しながら、安静と水分補給に努める対症療法が中心でした。。そのため治癒までに時間を要し仕事や学校などを休む期間も長かったようです。今はワクチン接種で予防して、感染したら抗ウイルス薬治療で早期回復を図るのが主流の対処法になっています。免疫力の弱い小児はインフルエンザ感染をきっかけに、合併症を起こしやすい特徴があります。脳炎や脳症などに罹ってしまうと後遺症が残ったり、まれに死亡するケースもあるようです。そのため乳幼児期は予防対策と早期治療が欠かせません。1月中旬から各地でインフルエンザ流行のニュースが報道されていますので、今しばらくは周りの流行状況に注意して感染予防に努めましよう。

抗ウイルス薬治療
 三歳以下の乳幼児は高熱を出す病気が多く、熱が出てもインフルエンザに罹っているかどうかの判断が難しい場合が少なくありません。でも、抗ウイルス薬治療は症状が出た後に、なるべく早く服用することが望まれます。早期であればあるほど、体内のウイルス量を少なく抑えて治療効果があがります。周りでインフルエンザが流行していたらお子さんの症状に注意して、受診のタイミングを見逃さないようにしましょう。例年流行するインフルエンザウイルスには幾つかの型があり、それぞれによってくすりの種類も違ってきます。そのため投与前には抗原の有無を検査キットで確認し、年齢等により投薬量や飲みやすい薬も考慮して投与することに。今はA・B型に共通するものや吸入薬、経口薬、ドライシロップ、点滴薬などがあり、飲みやすさなどの選択も広がっています。



 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザの季節がやってきた

2011-12-02 | 日記

 暖かい日が続いていましたが、十一月末頃から寒さが増しています。空気が冷えて乾燥が進むとインフルエンザウイルスが活発化。都市部ではすでに患者数の増加が見られるようです。インフルエンザの流行でいつも犠牲になるのは、抵抗力の弱い乳幼児やお年寄り。脳炎・脳症などを引き起こしやすい疾患なので、この時期は十分注意が必要しましよう。インフルエンザウイルスは感染したら短時間で増殖する特徴があります。そのため、病状の進行が早く急に重症化してしまうこともあるようです。激しい咳きや高い熱・嘔吐などがあれば、インフルエンザ感染を疑いましょう。早めのワクチン接種で予防して、感染時にはこどもの症状変化に十分注意して対処してください。

1~3歳児は脳炎・脳症に注意
 インフルエンザ感染による脳炎・脳症の発症年齢は1~3歳児がもっとも多く、その約3割が亡くなっています。仮に命を取り留めても後遺症が残る場合も少なくありません。発熱が見られてからけいれんや意識障害が起こるまでが、当日か翌日と極めて短いため油断は禁物。とくに抵抗力の弱い人や内臓の病気などの基礎疾患を持っている人は、どんなに治療しても回復しないことがあります。流行時には外出を避けたりマスクや手洗いなどで感染を防ぐことが大切です。


ワクチン接種と抗ウイルス薬で対処
 インフルエンザ対策の基本はワクチン接種と抗ウイルス薬。予防接種を受けていれば、たとえ感染しても軽く済ませる効果はあります。今は抗ウイルス薬投与により体内でのウイルスの増殖を抑えることも可能です。但し、感染後の早い時期に投与を受けないと、十分な効果が期待できないこともあるようです。早期の受診を心がけましょう。


 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

呼吸器感染症が流行

2011-11-04 | 日記

 こどもが罹りやすい2種類の呼吸器感染症が流行しています。RSウイルス感染症はとくに乳幼児に気管支炎や肺炎を起こしやすい病気。例年は秋頃から見られるのが、今年は6月下旬頃から患者が発生しています。また、若い世代に多いマイコプラズマ肺炎は夏頃から患者数が増え始め、10月には前年の倍ほどまでに達しました。北九州市の小学校では学級閉鎖がでるなど、九州・沖縄・山口などでの流行が懸念されています。症状はいずれも発熱や席・頭痛などから始まり、重症化すれば中耳炎・肺炎・脳炎などの合併症を起こす恐れもあります。しばらくは周りの流行状況に注意して、手洗いやうがい・マスクの着用などで感染予防に務めましょう。

RSウイルス感染症
 冬場に多い感染症で気管支炎や肺炎の原因になる病気です。咳やくしゃみ、手についたウイルスなどで感染が拡大。主な症状としては鼻水・咳・発熱・呼吸時のゼーゼー・呼吸数の増加など。2歳頃までにはほとんどの人がウイルスに感染しますが、抵抗力の弱い小さいお子さんは特に注意が必要です。乳幼児が発症すると重症化しやすく、推定で年間約2万人が入院しているとの報告も。ワクチンや抗ウイルス薬はないので、治療は対症療法が中心です。感染したら早めの治療で症状を軽く抑えて合併症を予防しましよう。

マイコプラズマ肺炎
 マイコプラズマ・ニューモニアという細菌が原因する呼吸器感染症です。こちらも咳による飛沫や手についた菌などで感染が拡大。患者は乳幼児や児童・若者に多いのが特徴です。症状は乾いた咳から始まり、高い熱や頭痛・だるさなどが伴います。ワクチンはありませんので、様子がおかしかったら早期治療で対処しましょう。



 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加

ADHDを正しく理解しよう

2011-09-24 | 日記

 好奇心が旺盛で活動的なのがこども達。大人の目から見ると元気に遊びまわるこども達は羨ましいかぎりです。でも、いうことを聞かない、何時もじっとしていない、落ち着きがない、すぐ興奮して騒ぐなど、元気すぎる(多動な子)場合は要注意。どこまでが元気で、どこからが元気過ぎるのか区分は難しいところがありますが、他のこどもと遊べない、乱暴だ、などが重なってくるとADHD(多動症候群)かも知れません。今こどもの30人に1人がADHDと言われます。核家族化、離婚の増加、両親の共働きなど、子育て環境は大きく変わり、テレビ・ゲーム等の普及で人との交わりが不得意になったこども達。ADHDとはどのようなものなのか、又どのようにこどもと接触したらよいのか、保護者の理解が大切です。日常生活に支障をきたすほどの様子が見られたら、ひとりで悩まず受診して診断を受けてみましょう。

ADHDの特徴的行動
 ■多動性(何時もじっとしていない)■衝動性(衝動的で自己抑制がない)■注意力・集中力困難(何事にも集中力が長続きせず、対象物が次々に変わってしまう)■興奮性(何かのきっかけですぐに興奮してしまう)


ADHDは診察を受けて薬を飲めば治るような、内科的な疾患ではありません。その対応の中心は生活指導や訓練、あるいは周りの人の接し方などが大きく関わってきます。しっかりとこどもとのスキンシップをとり、大人との話ができるようにすること。頭ごなしに怒らず努力をほめて本人の自主性を重んじるなど、何より両親が安定した気持ちで暖かく接していくことが大切です。



 
※子育て情報誌『あいあい通信』は待合室でお渡ししています

この記事をはてなブックマークに追加