それでもボクはオタクじゃない

ある日、自他共に認めるオタクな知り合いと雑談をしていて、私が「まー俺はオタクというには程遠い感じだけど」てなコトを言ったら、知り合いに「何言ってるの、どう見てもオタクじゃん」みたいなコトを言われて。そうかなぁ。自分ではただのミーハーだと思ってるんだけども・・・。

で、後日またその知り合いと雑談(確かガンダム系の話)していたら、今度は「オタクと言うにはまだまだだね」みたいなコトを言われたりして。結局、オタ認定したいのかしたくないのかどっちなんだ!?・・・ふと知り合いの内心を想像するに、「オタク方面の話題に興味がある人間が一般人面するのが気に入らない」という気持ちと、「オタク方面の知識レベルでは他人に勝っていないと気が済まない」という気持ちが同居してんのかなぁ、とか思った。

私が自分をオタクだと思わない理由ってのは、知識や興味に対する掘り下げが浅く適当に話題を食い散らかしているだけ、という自覚があるからなんですが。もちろんそれなりに興味があればある程度は調べますが、長い時間を掛けてじっくり調べたり考察したりする情熱みたいなものはあんまり無かったりして。んで、オタクというのは深いとこまでとことん掘り下げないと気が済まない人種だと認識してて。

私が自分をオタクだと思わないのは、オタクの人に対して失礼だと思うから、なのです。・・・なんですけど、「俺はオタクじゃないよ」なんて言うと、どうも「オタク趣味を持ちながらもオタクそのものにはネガティブなイメージを抱いていて自分自身は違うと言い張る往生際の悪い奴」みたいに思われることがあるワケです。

私としてはむしろオタクと呼ばれる人達にはとても適わないよ、と言いたいだけなんですけど、生粋のオタクな人達に対して「俺はオタクじゃない」というと「素直に認めろバカ」と言われ、「俺もオタクだよ」なんて言うと今度は「貴様がオタクを名乗るとは片腹痛い」てなことを言われてしまうのです。オタクの心理とは難しいものだなぁ・・・。
Comment: 15
 
コメント
 
 
 
Unknown (奇妙な青)
2007-03-25 20:32:56
×「オタクと言うにはまだまだだね」
○「ガノタと言うにはまだまだだね」
かと一瞬思ったw

まぁ私も「広く浅く」の方なんでエラソーなことは言えないんですけどね。
 
 
 
うろ覚えなんで (impreza98)
2007-03-25 21:13:42
>>奇妙な青さん

どういう文脈でそう言われたか、ハッキリと覚えてないんですよー。
でも、なんか昔のオタクのイメージって「広く深く」なイメージですね。興味を持ったモノは片っ端から掘り下げていくみたいな。好きなコトに対する時間と手間をまったく惜しまないというか。
そういうエネルギーが、私にはありませんw
 
 
 
う~ん (考える葦)
2007-03-25 22:35:55
オタクってそんなに難しいものだったんですね…。



最近はオタク文化なんて言葉もありますから、もっとフランクなものだと思っていたのですが、認定されるには意外と大変な労力を要しそうですね。まぁ認定するのはあくまで個人の尺度なんでしょうが…(;^_^A



そう言われると、私はF1ですらオタクの域には達して無いかもなぁ…。

 
 
 
オタクといっても (impreza98)
2007-03-28 04:52:57
>>考える葦さん

ここではかなり大雑把な意味合いでオタクという言葉を使っていますが、今と昔でかなりオタクの意味合いが変わってきている感じはしますね。今だとかなりフランクなイメージが強いのかも知れません。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2007-04-08 21:45:15
そういうのを「チョイオタ」と呼ぶのではないでしょうか。
 
 
 
Unknown (D)
2007-04-09 01:50:43
はじめまして。
最近の若いオタの人は浅く食い散らかすタイプの人が多いので、貴方のような人は最近のオタに当てはまってるように思えます。
ハマッた作品を深く掘り下げて考察してみたり、好きなアニメの監督の作品を過去にまで遡って鑑賞したりするオタは今ではとても少ないように思えます。

これはあくまで私の基準ですがオタとそうでないかの基準は、無趣味かそうでないかの差と感じます。 このくらいオタ的な趣味を持っているのであれば十分オタと言えるのではないでしょうか?
とは言うもののオタって言葉が既にあいまいなんで何をしてオタとするかを判断することは誰にもできないかもしれませんがw
 
 
 
訳分かんないね (通りすがり)
2007-04-09 01:56:51
今時のオタクってライトなのが多いと思うよ。最近はディープな意味でのマニアでさえ怪しいモノです。
しかし、その知り合いも訳が分からないね。というか素直じゃない気がします。認めたいのか認めたくないのかどっちなのよ?と。
まあ、今後その人とはそういう話題をしない方が良いかと思います。頑固で何言っても分かってもらえなさそうですし。
まあ、今のオタク定義に堅苦しさを感じなくてもいいと思います。
 
 
 
Unknown (通りすがり)
2007-04-09 05:50:46
「お前はオタクだ」と言われた場合の“オタク”は
いわゆる「一般大衆が抱く“オタク”イメージ」
=「アニメ・マンガとかが好きな人」(という大雑把な括り)であり
「お前はオタクじゃない!」という場合のそれは
「オタク自身が“かくあるべし”と自己規定している基準値」
みたいなモノなんじゃないでしょうかね。

言い換えれば前者は「(一般人から見たら十分に)お前はヲタクだ!」であり
後者は「(その程度じゃまだまだ一人前の)オタクじゃない!」みたいなニュアンスなんでしょうね。

いわゆる「チョイヲタ」「薄いヲタ」という人の持つ、
中途半端な立場が引き起こす現象なのでしょう。
 
 
 
コメントありがとうございます~ (impreza98)
2007-04-09 12:25:18
>>Kenさん

「チョイオタ」っていう言葉がどうも個人的にはしっくりこないんですよね。
オタクって良くも悪くも突き抜けちゃってる人、ってイメージなので、「チョイ」としたオタクってそれはオタクでもなんでもないだろう、というか。


>>Dさん

はじめまして。
最近の「オタク」という言葉の基準で考えるならば、私もオタクなんでしょうね。
ただ、自分の中ではもっと古い意味合いでオタクというものを捉えていて。
自分をオタクだと定義するのはなんか違うなぁ、と思えてしまうのです。


>>通りすがり(1)さん

確かにその知り合いは良くも悪くも頑固ですねw
まぁ、悪い人ではないんですけども。


>>通りすがり(2)さん

>言い換えれば前者は「(一般人から見たら十分に)お前はヲタクだ!」であり
後者は「(その程度じゃまだまだ一人前の)オタクじゃない!」みたいなニュアンス

あー、まさにそれっぽい感じですね。
個人的には中途半端も悪くない、と思っているんですけど、
オタクとしての自負が強い人にとってみればなんかイライラする存在になっちゃうんですかね?
 
 
 
Unknown (どちらかといえば濃いオタクかな)
2007-04-09 13:52:54
昔のオタクは広く深く
今のオタクは浅く狭く

って言ってるけど
それはイメージであって
昔から浅く狭くのオタクだっていっぱい居たんじゃないかな
岡田斗司夫(濃いオタク)だけがオタクじゃない
ちょっと漫画好き、ちょっとゲーム好きな方がいつだって大多数だろうと思います

まぁ、オタクでもなんでも楽しめれば良いんですが
どうしても線引きをしたがる人はいるので
その時の空気にあわせて使い分けるのが良いんじゃないですかねぇ
 
 
 
Unknown (オタク)
2007-04-09 20:16:35
これ言葉の難しいところですけど
オタクという言葉は様々な意味があるということではないでしょうか

ファッションが千差万別で、ストライクゾーンが各々違い、
萌えっていうのも人によって、また同じ人でも様々な意味を使い分けてる
猫萌え、幼女萌え、海自のCM萌えetcetc...

文学的に言えば「れる」「られる」なんか人や使い方によって様々な意味があるし今もどんどん使われ方が変わってきてる

まぁ話を戻すと線引きをしているわけじゃなくて
知らず知らずの内に
世間一般常識とした意味での「オタク」
その道を究めたという意味での「オタク」
二つの「オタク」という言葉を使い続けてるんじゃないかな
と、私は思います。長文駄文失礼しますた。
 
 
 
Unknown (筋トレマニア)
2007-04-10 00:50:48
私は、6年前まで少し腹の突き出た、オタクでした。クランプ作品等の少女マンガやメディアワークス等の少女マンガを漁っていました。
だが、ある日よく冷静に考えこのままで良いのかと結論が、自分の中に出てきた。
このままでは、いつまでたっても駄目男のままだと考え至った。

一念発起して、オタクを放棄した今まで収集したコレクションを、処分し売却出来るものは売却し、欲しい人には譲った。
それと、体型も改善する為にウェイトトレーニングを始めた時々ランニングもするようにした。
普通の人から見ておかしいと思う事も、少しずつ直していった。
人の、話も聞くように努力も始めた、海外旅行も行きたいと思うようになったので、英語のソフトを購入してPCでレッスンも一人で始めた。
最後に一言やっぱりオタクは、見ばえが良くないのと不健康なのでオタクは、放棄又は卒業した方がいい。
長くなって失礼しました。

 
 
 
コメントありがとうございます~ (impreza98)
2007-04-10 14:14:37
>>どちらかといえば濃いオタクかなさん

突き詰めると「オタク」そのものの定義を問うことになっちゃいますね。
確かに、オタクだとかオタクじゃないとか、そういう線引きはおいといて、楽しみたいように楽しめればそれで良いんだと思います。


>>オタクさん

異なる意味合いでの「オタク」が混在しているということですね。
こうして考えてみると、日本語って難しいですねぇ・・・。


>>筋トレマニアさん

オタクでも外見に気を遣う人も結構いますし、まぁその辺は人それぞれかな、と思います。
オタクと呼べるほど趣味に没頭する人は、不健康になりがちというのはわかるような気がしますけども。
ただ、断腸の思いでオタク趣味を絶つくらいならば、オタクと呼べるほどは没頭しないけど適当に他の要素とのバランスを保ちながら趣味を続ければいいんじゃないかな、というのが私のスタンスで。
でも、その辺のバランスが保てないから一切を絶つ、という心理もなんとなく理解できたり・・・。
 
 
 
Unknown (鉄牛)
2007-04-16 16:36:58
「俺はライトオタクだから」で、良いじゃないですか。

オタクか非オタクかなんて、明確な境界線が
あるわけじゃなくて、グレーゾーンがあるんですから。
 
 
 
なんとなく (impreza98)
2007-04-18 14:34:49
>>鉄牛さん

「ちょいオタ」と同様、「ライトオタク」とかそういう言い回しに違和感があるというか、そんな感じがしてしまうのです。
あんまり「オタクかどうか」ってことにこだわらない方が良いんでしょうね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
自分をオタクとは認めたくない。 (あれとかこれとか (Lefty))
「え?私はオタクじゃないと思いますよ。  この程度で呼ばれたら本当に追及している人に失礼じゃないですか?」 という話を「オタクだよね」といわれるたびに言ってたような気がします。   実際、漫画とか、音楽の話をしたらちょっと語ってしまう部分はあるけど、 私の...