安いWindowsタブレット買ってみたらマジ安物だった話

ちょっと書きそびれていたんですけど、2ヶ月ほど前にWindowsタブレットを買ってみたんですよ。マウスコンピューターのクッソ安いやつ。

mouse タブレット WN802 Windows10/Office Mobile&365/8インチ
クリエーター情報なし
マウスコンピューター

Windows10搭載の8インチタブレット、私が買ったときの値段がだいたい2万円ジャストくらい。今見たらマーケットプレイスで税抜き17,000~18.800円くらいまで下がってますね。

買ってみた動機としてはPC立ち上げなくても手っ取り早く艦これやれると便利だなー、くらいのしょーもない理由なんですが、それに加えてこういう妙に安いWindowsタブレットって果たしてどれくらい使い物になるんだろうか?という興味もありました。いやだって、Windowsが載ってこの値段てさすがに安すぎるじゃないですか。

で、結論から申し上げますと買って2ヶ月でぶっ壊れました

いや別に壊れるような使い方してませんよ。落っことしたりもしてないし、水に濡らしたりもしてないし。ただ寝っ転がって艦これやってただけ。ただ、買って2ヶ月くらいしたある日、画面に大きなノイズみたいなものがザザーッと映ったかと思ったら画面がブラックアウトしちゃう現象が起きまして。ただその時は、再度電源入れ直したら復活したんですけど。

ただ、その後もちょいちょい同じ現象が起きるようになってしまい、ついには画面ブラックアウトした状態から復活しなくなってしまったという。まぁ安物なので、そんなに長持ちはしないかもなぁとは思ってましたが、まさか2ヶ月とは。修理に出してみても良いんですけど、正直それすら面倒くさいレベルであります。

使ってみた感じ

WN802 & iPad Air2

壊れる前の製品の印象としては「値段相応」といいますか、「ああ、だから安いのね」と思うような感じの製品でした。私は今までタブレットってiPadしか使ったコト無いので余計にそう感じるのかもしれませんけども。

中でも一番「安さ」を感じたのはタッチパネルの感度。iPadと比べると絶望的なレベルで、なかなか狙ったところをタップできません。これで艦これやるのもなかなかハードなんですが、慣れてくるとある程度は一発で操作できるようになりました。ただ、補給時のチェックボックスや、艦娘やアイテムのロックはめっちゃやりづらかったですね。

Windows 10そのもののUIは「タブレットモード」なんてのも用意されているように、こういうタブレット端末からの操作も意識した造りにはなっているんですが……それでもやっぱり操作し辛かった。

この製品のタッチパネルには何故か最初から保護フィルムが貼ってあったんですが、それ剥がすとちょっとはマシになるのかなぁ。ただ、最初から保護フィルム貼るってコトはそのまま使うと傷だらけになるよー、と言われているような気がして、怖くて剥がせねえ。iPhoneやiPadのガラスは傷が付きにくいので、特にフィルム貼らずそのまま使ってますが。

それからCPUの処理能力も結構カツカツな印象。1.44 GHzのAtom x5プロセッサを搭載しているのですが、艦これやるだけでも結構いっぱいいっぱいです。戦闘開始直後の航空戦で画面が処理落ちしちゃうレベル。まぁそういう部分を我慢すれば、それなりにはプレイできるのですが。しかし、お世辞にも「快適に」とは言い難い。

ぶっちゃけ、iPadからWindowsにリモートデスクトップで繋いでプレイした方が圧倒的に快適だったりはします。これだと結局そのためにPC起動しなくちゃいけないんだけどさ。

そんなワケで、元々あんまし印象は良くなったところに2ヶ月でぶっ壊れるという有様なので、「直すのもめんどい」と言いたくもなるワケです。まー「安物買いの銭失い」の好例と言いますか、やはり日常的に使うモノというのはそれなりの値段のモノを長く使うのが一番良いなぁ、と痛感した次第。

なお、自宅で使っているPCとiMacはすでに7年と9年現役で居続けているという有様なので、十分過ぎる程元は取ってます。

Comment: 0
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。