F1[16] メキシコGP 予選

白子へ向かう近鉄の中で録画した予選中継を観た後に鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラを観ちゃったもんだからF1の中身が頭の中から程よく吹き飛んだ&未だ帰路の途中なので簡単に。F1メキシコGP予選。

ハミルトンはサクッとポール取った感じもしましたが、Q3では最後に自己ベストを更新できないなど、ややピリッとしない感じもする内容でしたね。しかし、それ以上にロズベルグがダメでしたが。それでも、土壇場で2番手タイムを叩き出してフロントロウに並んだ辺りはまだ「持ってる」のかもしれません、ロズベルグ。

セカンドロウを固めたのはすっかりこのポジションの常連になっているレッドブル。しかし、こちらもリカルドが「キャリア最悪の予選アタック」みたいなことをコメントしてたりして。でもその割には4番手なんですけど。そこはリカルド自身も不思議なようですね。

標高が高くて空気が薄い、路面がやたら滑りやすい等、このコースが他のサーキットとは異なる特性を強く持つが故なのか分かりませんが、メルセデスの2人に加えてリカルドまでもがマシンのフィーリングを掴みかねているのは観ている側からすると面白い傾向かも知れません。決勝もどういう転び方をするのか読めないところがありますからね。

フリー走行で好調かと思われたフェラーリは相変わらずの一貫性の無さでヒュルケンベルグにも前に行かれてしまい6・7番手、まぁこれはサーキットの特性に関わらずいつものフェラーリでしょう。にしても、ヒュルケンベルグはアメリカ・メキシコと予選ではノレてますね。来期のワークスシート確定が精神的にプラスになってるのはありそう。

一方で地元レースとなるペレスは12番手、グティエレスは17番手とずいぶんパッとしないポジションに。メキシコではかなりF1熱が高まっているようなんで、地元ファンの前で良いとこ見せて欲しいところではありますが……。

Comment: 0
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。