Firefox3.6に統合されたPersonasを試す

以前にFirefoxの萌えテーマを自作してみるというエントリでPersonas for Firefoxというアドオンについて触れてみたコトがあるんですが、先日公開されたFirefox3.6ではこのPersonas for Firefoxの機能がブラウザ本体に統合された、なんて話を聞いてさっそく試してみました。


Personasとは

このPersonasとはひらたく言えばFirefoxのヘッダー領域(ナビゲーションバーとかブックマークバーとか表示している領域)とフッター領域(ステータスバー)の背景画像とフォントの文字色なんかをブラウザの再起動無しで差し替えるコトができる機能です。Google Chromeでも同じような機能が標準で提供されているので、FirefoxがPersonasの機能を統合したのもChromeを意識してるのかな-、という気もしてしまいますが、それはさておき。

Firefox3.6をインストールした状態でPersonasのテーマギャラリーにアクセスし、表示されたテーマにマウスカーソルを合わせるとヘッダーとフッターの画像がパッと差し変わりプレビューできるようになってます。ただ、Firefoxのテーマを変更している場合は標準のテーマに戻しておく必要があるので注意。その画像を実際に使用したい場合は画像をクリックして「このテーマを使用」というボタンをクリックすれば適用完了。とても簡単。

すべての Personas をブラウズ :: Add-ons for Firefox

適用したPersonasテーマは通常のFirefoxテーマと同様に[ツール]-[アドオン]-[テーマ]に表示され、ここから差し替えも可能。ただ、再起動不要なPersonasテーマと再起動が必要なFirefoxテーマが同列に表示されているため、ちょっとわかりにくい印象もありますね。

Firefox3.6 アドオン


自作画像を適用する

じゃあ自作画像をテーマとして適用するのはどうやるんだろう、と設定を探してみたんですが、どうにもそれらしいモノがありません。どうも統合されたのはWEBに公開されているPersonasテーマを適用する部分だけみたいですね。自作の画像を適用したい場合はやっぱりPersonasのアドオンを別個にインストールする必要があるみたいです。

Personas :: Add-ons for Firefox

このエントリを書いている時点でのPersonasのバージョンは「1.5.1」。メニューも日本語化されてわかりやすくなってます。やり方は以前にエントリ書いたときとそんなに変わってません。アドオンをインストールするとステータスバーの左端の方にPersonasのアイコンが表示されていると思うので、それをクリックして「設定」をクリック。設定画面で「メニューにカスタムペルソナを表示する」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリック。

ペルソナ設定

再度ステータスバーのPersonasアイコンをクリックすると「カスタムペルソナ」というメニューが増えているので、そこにカーソルを合わせて「編集」をクリック。するとヘッダーとフッターの背景画像と文字色を指定する画面がタブで開くので、自分で作成した画像を指定してやればOKです。

カスタムペルソナ設定画面

自作画像の作り方についてはここ(英語)に書いてありますが、大まかに注意事項をまとめると

  • 画像フォーマットはPNGかJPG
  • 画像の大きさは幅3000px × 高さ200px(これより大きいものは不可)
  • ファイルサイズは300KB以内
  • 自分が著作権を持っていない画像やロゴは使用しちゃダメ

といったあたりでしょうか。自分で少し試してみた結果だと、WEBに公開するつもりが無い場合は必ずしも上記のルールに従う必要は無く、画像の大きさは3000px × 200pxよりも大きい(もしくは小さい)ものでも適用可能でしたし、ファイルサイズが300KBオーバーでも問題ありませんでした。なので、自分の使用環境(ウィンドウの大きさとかヘッダー領域の大きさとか)に特化させて作ってみても良いかも知れません。

作成したモノを公開したい場合は、How Toページの「Finished Your Design?」と書かれたボタンをクリックしてアカウントを作成すればアップロードが可能となるみたいです。もちろん公開にあたってはチェックが入るでしょうから、上記のルールをキチンと守る必要があります。


もう少し補足

Personasテーマの画像は右端を起点として表示されてて、ブラウザのウィンドウサイズを縮めた場合には画像の左端からカットされるようになってます。なので、自作する場合には常に表示しておきたい部分は画像の右端に配置するようにすると良いみたいです。

あと、自分で作成して適用したカスタムペルソナも、他のテーマと同様にFirefoxアドオンメニューのテーマに一覧表示されます。ただ、テーマの名前が日本語だと文字化けしちゃうみたいなので、適当にローマ字で名前を設定しておくと良いっぽいです。

もひとつ、カスタムペルソナで指定した画像は、移動したり削除しちゃうとカスタムペルソナに何も表示されなくなってしまうので、ちゃんと同じ場所に残しておく必要があります。

画像レタッチソフトの使い方さえ知っていれば簡単に作成するコトができるので、Firefoxをあんな画像やこんな画像で埋め尽くしたいという方はぜひお試しください~。

Comment: 6
 
コメント
 
 
 
Mac版は (通りすがり)
2010-03-24 11:20:57
Mac版のPersonasは、カスタムペルソナの
画面で、画像を指定後「OK」ボタンが
効かないんですよね。さすがMacだ…
 
 
 
質問です (おどりねこ)
2010-03-24 21:44:00
カスタムPersonaがうまく行かなくて探し回っているうちにこちらに辿り着きました

投稿されているPersonaはちゃんと反映するのですが、自作Personaが反映してくれません
編集画面で設定するとちゃんと反映されるのですが、OKボタンを押しても、カスタムメニューの適用を選択してもテーマに自作Personaが登録されないので、一定時間経つと元のテーマに戻ってしまいます
どのようにすればテーマに自作Personaを登録できるのでしょうか?

【環境】
firefox:3.6.2
Personas:1.5.2
 
 
 
どうやらバグ? (impreza98)
2010-03-25 01:31:38
>>通りすがりさん

どうもそれ、Macだからってわけではなく、FirefoxとPersonasのバージョンの問題ぽいです。


>>おどりねこさん

最近は別のテーマを使用していてPersonasを使っていなかったんですが、コメントを拝見して自分でも試してみたら確かにおかしいですねコレ。

で、手元の環境で確認してみた範囲でなんですけど、Firefox 3.6.2とPersonas 1.5.xの組み合わせだとこの現象が起きちゃうみたいです。どうもバグっぽい?

この現象を回避するには、現状FirefoxかPersonasのバージョンを戻すしかないような感じです。ただFirefoxのバージョンを戻すのはセキュリティ上好ましくなさそうなので、Personasのバージョンを1.4に戻す、というのはどうでしょう。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addons/versions/10900

これでもカスタムペルソナがテーマに登録されないという現象は残っちゃいますが、適用したカスタムペルソナが勝手に元に戻る、という現象は回避できるっぽいです。手短に試しただけなので断言はできないのですが、よろしければ試してみてください。
 
 
 
ありがとうございました。 (みかん)
2010-04-27 12:02:26
おどりねこさんと同様の症状で困っていて、こちらのページに辿り着きました。
Personasのバージョンを1.4に戻したら、ちゃんと表示されました。
バグなんでしょうかね…早く修正されればいいなあと思います。
 
 
 
やっとこさ (通りすがりのFirefox愛用者)
2010-08-25 11:22:47
先程アドオンの更新を行ったらPersonas Plus 1.6が。
Fx3.6+1.5の不具合が修正されてました!ようやく1.4に別れを告げることができましたよ。

ちなみに1.6ではアドオンのウインドウを開いた際に「テーマ」と「Personas」が別々に分けられている事に気づきました
 
 
 
おお、ついに (impreza98)
2010-08-26 00:57:39
>>通りすがりのFirefox愛用者さん

情報ありがとうございますー。
自分でも確認してみましたが、問題無く使えますね、WinもMacも。ようやくという感じですねw

>1.6ではアドオンのウインドウを開いた際に「テーマ」と「Personas」が別々に分けられている

ホントだ。まぁ分けた方が良いですよね。前の状態だと再起動必要なものと不要なものがごっちゃになってわかりにくかったし。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。