Apple Watchの新OSがステキ

先日、最新のiOSにして「iOSの歴史でも最も大きなアップデート」であるiOS10がリリースされた……のはさておいて、同時にリリースされたApple Watchの最新OSであるwatch OS 3(以下OS3)をインストールして試してみたワケですよ。これがiOS10のコトを忘れさせるくらい素晴らしい出来で感動したので、この感動をメモしておきたいと思います。

ポイント1: アプリの起動が速くなった

Apple Watchの最大の弱点といっても良かったのが、アプリの起動速度が遅かったコト。Apple謹製のアプリはそこそこ速いんですが、サードパーティー製のアプリはどうにも遅い。しかし、OS3ではよく使うアプリをメモリに常駐させるコトで起動が高速になりました。

……これ、先日発表されたApple Watch SERIES 2でないと十分な恩恵が得られないんじゃないかと勘ぐっていたんですが、初代でも十分なレベルで高速になってます。今までだと、例えばTwitterアプリでタイムラインをチラ見しようとしても、なかなか表示されず腕が吊りそうになるコトもしばしばありましたが、OS3では数秒レベルの待ち時間で済むようになりました(ただし画像がうまく表示されない模様)。

……今までどうにもならないレベルだったモノがようやくある程度実用に耐えるレベルになっただけ、という説もありますが、今はこの進化を素直に喜びたいと思います。

ポイント2: サイドボタンが使えるようになった

サイドボタンってのはデジタルクラウンの下にあるボタンですね。いや今までも別に使えなかったワケじゃないんですけど。

ただ、今まではこのサイドボタンを押すと友達一覧が表示されて、すぐに電話かけたりメッセージ送れたりしますよ、というモノだったんですね。しかしですね、AppleWatchから電話かけたりメッセージ送ったりするコトって正直無いんですよね。誰かにコンタクト取りたいときは素直にiPhone取り出します。そっちのがやりやすいし。友達が居ないという説もありますが。

しかし、実際問題このサイドボタンを使っている人はユーザー全体でも少なかったようで、OS3ではこのボタンに割り当てられた機能が変更されました。サイドボタンを押すとよく使うアプリがDOCK表示され、ここからアプリを選択するコトですぐに起動できるという。DOCKに表示するアプリはiPhoneから設定可能。これは使える。

正直Apple Watchのアプリで毎日のように起動するモノって限定されますしね。今までだと文字盤画面を上にスワイプするコトで表示されたグランスがよく使うアプリの確認&ランチャーの役割をしていましたが、OS3ではグランスが無くなり代わりにバッテリー残量表示や機内モード切り替えボタンなんかがひとまとめに表示されるようになりました。

全体的に使用頻度が高い機能によりアクセスしやすくなった印象ですね。

ポイント3:文字盤の切り替えが楽になった

スマートウォッチの利点のひとつとして、文字盤のデザインを自由に切り替えられるという点があるかと思いますが、今までのApple Watchだと切り替えが少々面倒でした。文字盤を強く押し込んで切り替え画面を表示して、選択画面をスクロールさせて切り替える文字盤を選ぶ必要があったので。

これがOS3になると、文字盤を左右にスワイプするだけで文字盤の切り替えが可能に。表示される文字盤の種類や切り替わる順番はiPhoneから設定しておくコトが可能なのもいいですね。もちろん文字盤に表示する情報のカスタマイズも可能なので、例えば仕事中はシンプルな文字盤にカレンダーのスケジュールを表示して、歩くときはアクティビティや心拍数表示して、それらをぱぱっと切り替えられるという。

ちなみに、最初文字盤の切り替えがややし辛いように感じたんですが、文字盤の端から端まで大きくスワイプするとスムーズに切り替えられますね。

ちなみに、個人的なオススメは任意の画像を文字盤の背景として表示できる「フォトアルバム」にあだち充で言うところの「ムフ♡」な画像を登録しておき、仕事が終わった瞬間に切り替える。これだ。

ちなみに

アプリ起動の高速化などを図った結果、バッテリーの持ち時間が悪化するコトが懸念されましたが、1日使ってみた感じだとあんまし変わった感じはしないですね。全体的な機能向上を果たしながら、コレといったデメリットも無い良いアップデートだと思います。まーそれだけApple Watchに「詰める」余地が大きいというコトなのかもしれませんが。

Apple Watch、というかスマートウォッチ市場って全体的に伸び悩んでいるようですが、このOS3とSERIES 2という新ハードで少しは息を吹き返すでしょうか。カレンダー・リマインダー・iTunesコントロールだけでも結構便利なんだけどな。あとはポケモンGOのApple Watch対応を待つばかりですね。そのころにはブームが終息している可能性もありますが……。

Comment: 0
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。