InstapaperとRead It Laterを比較してみた

気になったWEBページを「あとで読む」WEBサービスとしてInstapaperRead It Laterっていう有名なサービスがあるんですけど、最近になってこの2つのサービスを使い比べてみたのでメモしときます。今更とか言うなー。


InstapaperやRead It Laterを使う理由

私の場合、WEBサイトを見て回る起点はほぼGoogle Readerに集約しており、FirefoxなりiPhoneアプリなりからGoogle Readerをチェックして、気になった記事はスターを付けて後でまとめて読む、というスタイルでした。なので、正直「あとで読む」ことに特化したWEBサービスは使う必要が無いと思ってたんですけど、使ってみるとこれがなかなか便利だったりして。

使い始めたきっかけとしては、iPhoneで使っているGoogle ReaderクライアントのReeder(App Storeリンク)というアプリがInstapaperとRead It Laterに連携する機能を持ってまして、わざわざ連携機能があるくらいなんで使ってみたら便利なのかな、と試してみたんですけど。で、これらのサービスのなにが便利かというと、専用のiPhoneアプリ(それぞれ無料版と有料版があります)と組み合わせることで、iPhone上から非常にサクサク記事が読めること。これはアプリを立ち上げたときに、記事のテキスト部分を抜き出してiPhone上にキャッシュしてくれるからなんですけど。

んで、記事本文の部分だけを抜き出してくれるので、いちいち本文部分を拡大したり文字が小さいからiPhoneを横向きにしたり、なんてコトをしなくて済み、とても楽。自分のブログ記事をふつーにSafariで表示した場合と、Instapaper、Read It Laterで表示した場合だと↓こんな感じ。

safari、Instapaper、Read It Laterを並べてみた
(左からSafari、Instapaper、Read It Later)

じゃあInstapaperとRead It Laterどちらを使っても同じなのか、というと案外そうでもなくて、どちらにもメリット・デメリットが存在します。端的に言うと、大量の記事をガンガン登録してガンガン読みたい人はRead It Later、そうでもない人はInstapaper。もしくは、PC(主にFirefox)とiPhoneどちらからもガンガン使いたい人はRead It Later、iPhoneメインでストレス無く使いたい人はInstapaper、ではないかなと。


ガンガン登録できるRead It Later

あとで読みたいページを登録する際に、iPhoneのReederのようにどちらのサービスとも連携可能なアプリから使う分にはRead It LaterとInstapaperの差は無いんですけど、Read It Laterにはそれに加え「Tap to Save」という恐ろしい機能(ブックマークレット)が存在します。Read It Laterの有料版アプリを購入しないとこのブックマークレットを公開してくれないんですけど。このブックマークレットをiPhoneのSafari上で使用すると、画面下になにやらバーが表示されます。んで、この状態で画面上のリンクをタップすると、リンク先に飛ぶ代わりにリンク先がRead It Laterに登録されていく仕組み。

Tap to Save

「Disable」ってボタンを押すとTap to Saveを一時的にオフ、「Cancel」ってボタンを押すとこのバーごと消えます。なかなかによくできてます。

オンラインRSSリーダーはもちろん、個人ニュースサイトのような無数のリンクを集めたサイトでも、これを使えばガンガンリンク先の登録が可能です。またRead It Laterには公式のFirefoxアドオンがあり、これを導入すればPCのFirefox上でも同じことができます(右クリックメニューに「Click to Save Mode」ってのが出現)。こちらはもちろん無料。

このFirefoxアドオンはかなり良くできていて、インストールしたあとにGoogle Readerを開くと各記事タイトルの左にRead It Laterのマークが表示され、これをクリック(もしくはその記事を選択した状態でショートカットキー「i」)すれば登録可能。他にも現在開いているページを「alt + w」で一発登録できたりと、とにかくスピーディに登録できるのが特徴。あと、私はまだ試してませんがGoogle Chrome用の拡張も用意されているみたいです。

Instapaperの場合は基本的に今開いているページをブックマークレットで登録、というスタイル。Google Readerで記事を選択した状態でブックマークレットを叩くと元記事を登録してくれたり、「Send to」メニューからも登録できたりという機能はありますが、 Read It Laterのスピード感には及ばない感じです。

Instaright!というFirefoxアドオンを入れると、リンクを右クリックしてInstapaperにリンク先の登録が可能(だけどなぜかタイトルが登録されず、URLのみの表示に)だったり、InstaposterというGreasemonkeyスクリプトを入れるとGoogle Readerからショートカットキー一発で登録が可能(ただしちょこっとスクリプトをいじる必要あり)だったりはします。ただどちらも公式のものではないので、いきなり使えなくなっちゃう可能性があるのが難点ですね。


iPhoneでしっかり読めるInstapaper

ガンガン登録できるRead It Laterですが、難点もあります。特に気になるのは、iPhoneアプリでテキストキャッシュできないページが結構あること。あるいは、一応キャッシュできているんだけど本文部分のみの抜き出しがうまくできず、サイドバー等不要な部分までドバっと表示して読まなければならないケースがあること。けっこうキャッシュの性能がおバカな印象があります。

だからというワケでもないかもしれませんが、Read It LaterではWEBページ全体のキャッシュを保存する機能もあります。ただ、これもレイアウトが大きく崩れてしまうことがあるので、決して読みやすいと言えなかったりして。例えば自分のブログのWEBページキャッシュを表示してみると↓こんな感じ。iPhoneを横向きにしないと読むのが辛いです。これなら元サイトをブラウザで開いた方が早いかなぁ、と。

WEBページキャッシュ

その点、Instapaperのキャッシュ機能はとても優秀。WEBページ全体をキャッシュする機能はありませんが、本文中の画像を含めたテキスト(Read It Laterの場合はテキストキャッシュに画像は含まれない)をきれいにキャッシュしてくれるので、あまり必要性を感じません。

しばらく使ってみた限り、Instapaperでキャッシュできないページはごくわずかしかありませんでした(たまたまかもしれませんが)。もちろんキャッシュできなくても内蔵ブラウザから元ページにアクセスすることはできるので、3Gの圏外とかでなければほぼ困ることはないかと思います。

また、キャッシュしたページのフォントサイズや行間の隙間を簡単に調整できる(有料版だけかも)のもInstapaperの優れているところ。「キャッシュしたページをiPhoneで読む」という点に関しては、Instapaperの圧勝ではないかと思います。Read It Laterの場合はiPhoneでうまくキャッシュできたページを優先して読み、残りはあとでPCから読む(Firefoxアドオン入れれば、登録した記事をサイドバーやポップアップで表示してサクサク読めます)というスタイルになるかな、と。


そんなこんなで

正直どちらのサービスを使うかは好みの問題だと思うんですが、個人的にはInstapaperの方に傾きつつあります。iPhoneからサクサク記事が読めるのって、やっぱ楽なんですよねー。Firefoxアドオンも考慮するとRead It Laterも魅力的なんですけどね。Instapaperからも公式でFirefoxアドオンとか出してくれれば、もうあまり迷う必要はなくなるのかな、と思うんですが。あと、Instapaperの場合は可能ならば有料版アプリを購入した方が良いです。カユいところに手が届く機能がいろいろありますので。

Comment: 5
 
コメント
 
 
 
初めまして (@Ran)
2010-04-13 01:18:59
先日から Read It Later freeを試し始め、
ずっと「何故Safariにブックマークが登録できないんだ!?」と悩んでいたところ、やっとこちらのブログ様で理由が判明いたしました!!(^^)。

有難うございますm(__)m。
早速ブログからトラックバックさせていただいたのですが、弾かれてしまったようなので、改めてコメントでお礼とともにご挨拶させて頂きました。

 
 
 
はじめましてー (impreza98)
2010-04-13 02:26:23
>>@Ranさん

あ、Tap to Saveのブックマークレットの話ですかね。あれ、有料版の機能説明をよく見ないとわかんないですよねぇ。

トラックバックの件は失礼しました。このブログへのリンクが含まれていれば反映されるはずなんですけど、うーんなんでだろう・・・。
 
 
 
お騒がせしました (@Ran)
2010-04-13 08:30:11
impreza98さん、お早うございます。
トラバの件ですが、念のためプログのURLを単独でも設定させて頂いたところ、通ったようです。
お騒がせ致しました^_^;。これを機に今後とも宜しくお願い致します。
 
 
 
あー (impreza98)
2010-04-14 09:18:49
>>@Ranさん

送信元URLのチェックに引っかかっちゃってたってことですかね。ともあれ原因がわかってなによりでした。

>これを機に今後とも宜しくお願い致します

こちらこそ、よろしくお願いします。
 
 
 
すごく分かりやすい比較 (通りすがり)
2011-04-30 13:12:46
Read It Laterを使って1年以上経ちますが、
いまさらながら、この比較記事を見て
すごく参考になりました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「あとで読む」 Read It Later をSleipnirから使ってみた。 (『超おむすび』)
iPhone 「Read It Later」 firefox専用みたいなアプリをIEで使ってみた。
 
 
 
RSSやサイト巡回で気になった記事を後から読むには (-- BE READY!! --)
【iPhoneでRSS情報チェック→あとでPC確認したい場合】 ?Googleリーダーで記事にスターをつけておいて、読んだらスターを消す ?「Evernoteへ送信」を利用する →こちらを参考にしてください Googleリーダー...