清める

2017-05-19 23:16:35 | 読書、書物

  晴れ。暑い一日だった。

 そんな暑い日に、炎天下、外で仕事してました。帰りに「十和田霊泉」なるパワースポットに立ち寄って身を清め、一日の疲れも癒えます。

 

 人が押し寄せていい場所とは思えない静けさでした。蚊が多いのは鬱陶しいですが(笑)。

 

 霊泉。喉越し爽やかな冷たい水です。ひしゃくで一杯。

 身を清め、さっさと帰宅。修道士カドフェルシリーズの第三巻、「修道士の頭巾」が終盤です。犯人は予想に反した人物でしたが、カドフェル修道士は過ちを犯した人間に、意外な対応をしてのけます。時代が時代なので現代ミステリーとは全く異なる謎解きで、新鮮に感じます。また次も買いましょう。

 次は文学作品を読みたいので、先日古本屋を回って大量に買い込んだ三島由紀夫作品をば。「愛の乾き」。短目なので、すぐ読んでしまいそうです。霊泉で清めたのに、次の読もうとする作品は、爽やかな作品ではないようです(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感覚のズレ | トップ | 禁断症状 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。