サクサク

2016-12-20 23:18:45 | 読書、書物

  晴れ後曇り。道路は所々、スケートリンクと化している。

 三島由紀夫著「女神」もいよいよ最後の短編。途中の「雛の宿」は不気味な気配漂う異色作だった。こういう作品も書いてたんですね。初めて知りました。探偵小説とか書いてもきっと上手いんだろうな、と野暮ったい考えを持ってしまいます。話を戻しまして、これまでに読んだ作品では、どれも不気味な要素が含まれていたのは事実。現実なのか非現実なのか分からなくなるような感覚に陥る。最後の短編「朝の純愛」、不吉な影が見え隠れしています。結末が心配です(笑)。

 就寝前読書として、「南総里見八犬伝」を読破した後、「ミレニアム」を読んでいますがこちらも順調。簡単なのでサクサク進みます。せっかく大量に本を持ってるんだから、一度読んでお終いではもったいないですからね。サクサク読んで、また別の再読をしましょうs

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乗り悪し | トップ | らしい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。