単純です

2017-04-20 22:22:43 | 読書、書物

  晴れ。

 疲れる一日だったのでそそくさと撤収し、ウォーキング(半分くらいはスロージョギング)の後、ひたすら読書。実は三島由紀夫著「鏡子の家」がいよいよ終盤だったのである。終盤になると、なぜか「最後はどうなるのか」早く知りたくなり、四十ページは軽く読んでしまうのです。こういう集中力がずっと持続出来ればいいんですがね……。独語はさておき「鏡子の家」。当時の批評家からはさんざんこき下ろされたようだが、その批評家なる輩は実際に自分では小説なんか書けやしないので全然信憑性がありません。各人の描写、風景の描写などあれだけ堅牢な文体で書けるものか。

 悲惨な、破滅的最期を迎える(又は迎えそう)若者四人のそれぞれの人生を交錯させるような展開で進み、最後まで悲惨かと思いきや、一人だけが人生に立ち戻る終わり方が強烈な印象に残りました。終わり方を最初から予感させるように布石が打ってあったのね。読み出し時は気にも留めてませんでした。凄いね、こういう文章を書ける作家さんは今はいないな。

 硬質な文体を読んだ後はお気楽に。先日の渡瀬恒彦さん出演のドラマで気になり買ってしまった、アガサ・クリスティー著「そして誰もいなくなった」をば(笑)。

 ……単純です、ハイ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛い、痛すぎる | トップ | 筆の忙しい季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。