痛恨のミスとヤケクソ加工

2017-01-04 17:14:57 | 模型製作

  晴れ後雪。

 休暇最終日。明日からまた仕事かと思えば気が重いです。二度と出勤しなくとも良くなる筈だったんですがね〜(年末ジャンボ)。無念ですが、ま、働けってことです。

 そんな最終日ですが、別に何もしません(笑)。いつもと同じ休暇です。ただ、今日は思い切ってスポーツ洋品店へ行ってきました。十二月初旬から断念しているウォーキング&ジョギング再開のため、冬用運動靴とウィンドウブレーカーを購入しなければなりませんでしたので。幸い、大特価セールは継続中で半額から三割引で全品揃いました。痛い出費に変わりありませんが、一度買えば暫くは買わなくとも良いし、必要なので。

 期間後は模型のラストスパート、……だったのですが、痛恨のミスでがっかり。奇妙なデカールに失敗しちゃいました。しかも、一番目立つカウル正面のゼッケンナンバーです。無念ですが仕方ありませんので、ささやかな抵抗を。

 

 昨日の作業。まずは塗り分けのマスキングを。

 

 塗装し、剥がしてみると縁はしっかり押さえた筈が、案の定、塗料が染み込んでいる部分があります。

 

 ひどい部分は軽く噴き直し。

 

 細やかな抵抗です。カウルのスクリーン部分の止め付け方法が、このキットでは全然ダメなので(カウルに直接貼ることになっている)、実写同様に金具で固定出来るよう穴あけ加工してます。危険な、ヤケクソ加工ですがこれは上手く行きました。

 あ〜、それにしてもデカールまで張り辛い品だったとは、全く油断していました。補修が終わったらクリヤー噴いて終わりにします。研ぎ出しとかもうやる気はありません。

 ちょっと不貞寝(笑)し、その後軽く絵を描いて本日の作業は全て終了。

 さて、あとは早速ウォーキング、やってみましょうか

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレイジー犯人 | トップ | 過酷労働 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

模型製作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。