東北だったから二十五兆円程度で済んだんだってサ

2017-04-25 23:20:33 | Weblog

  晴れ後雨。 雷も鳴っている。

 どっかの復興大臣の問題発言は、あまりにも低俗で、他人を思いやる気持ちも無く、ああいう人を選挙で当選させた国民の民度の低さすら腹立たしくなる。結局、辞任したが、議員という職も辞するべきではあるまいか。愚かしいにも程があり、拳骨を顔面に叩き込みたくなる。なぜああいう人が国会に居るんでしょうね。ああいう人が出ると、また野党が首相の任命責任とかつっついてばかりになるので政治が停滞してしまう。そういう隙を作らないのも必要な技能なのではないでしょうか。揚げ足取りばかりでだらだらと何も進まず、見ているとまるで猿山のように目に写ってしまいます。

 連休の予定、連休の予定とテレビもラジオも五月蝿く騒いでますが、蟻の這い出る隙間もないくらいに人と車で埋め尽くされる街に繰り出す勇気は私にはありません(笑)。絵、読書、模型、片付けと車の清掃で過ごす所存。自転車の朝練と、朝バイクは行くかも。どっちにしろ、車の行列が出来る前に撤収です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広大な面積のサフ吹き | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事