一息読破

2017-04-23 18:03:24 | 読書、書物

  雨後晴れ。雨は午前中で上がった。

 午後からは晴れたが、今日はSRにもドリーム50にも乗らず、午前中のお絵描き以外はひたすら読書してました。十五時頃、ようやく立ち上がって模型を制作。

 アガサ・クリスティー著「そして誰もいなくなった」をひたすら読んでいたのです(笑)。クリスティー作品の中でも名作と謳われるこの作、先日の渡瀬さん出演のドラマに触発されてこの程ようやく購入、読み始めたのはつい先日。今日は一息に読破しちゃいました。読みだすと止まらないんですよね。字も大きいし。ラストはドラマとはまた違った意味で壮絶でした。面白かったです。またクリスティー文庫、買い始めなくちゃね。ポアロシリーズ全巻揃えて停滞中でしたので、次はミス・マープルシリーズからとなります。

 さて、次は何を読みましょうか。ミステリ続きで京極夏彦作品「京極堂」シリーズでもいっときますか。しかしながらこのシリーズ、文庫版がまるで辞書のような厚さなんです。読み易いのでサクサク進行しますが。

 男らしい状態に陥っていた(笑)、アトリエ(部屋)を清掃し、再びお絵描きして模型も制作。休暇はゆったりと過ぎて行きます。これからウォーキングして、あわよくば軽く三本ローラー台に乗る所存。昨日のサイクリングのダメージを回復させなければなりません。年なので、数日おいてから来るんですよ……。軽くでも動かしておけばきませんので

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 圧倒的なダム・カレー | トップ | 広大な面積のサフ吹き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書、書物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。