欲しい能力

2017-04-05 23:26:43 | 読書、書物

  晴れ。外は暑いくらいだった。

 その晴天が土曜日も継続することをまだ願っているが、どうやら予報は動きそうにない。明日から崩れるらしいが、何とか回復して貰いたいものです。なぜって今シーズン最初の練習走行(自転車)、SRのメンテナンスを予定していたから。ま、自然は私の思い通りにはいきませんので甘んじて受け入れます(笑)。

 銀河英雄伝説は第四巻へ突入。様々な思惑が渦巻き、渾沌とした状況です。この第四巻、最初はなんと、1984年刊行。今から三十三年も前の作品なのだ。それが今もなお読まれているってことは、ライトノベルの先駆けとは申せ名作なんでしょうね。血が騒ぎ、童心蘇りますもの。幾つになっても遊び心は大切です。

 三島由紀夫著「鏡子の家」も順調に進捗中。批評家からは酷評だったらしいですが、そもそもその批評家なる人たちを全然信用していないのでその評価も信用しません。自分では作品を作らないのに、他人が苦心して生み出したものに難癖つけるとは何事か、と実に不愉快です。自分で作品をこしらえて批評している人ならまだいいですが。話を戻し、「鏡子の家」。退廃的な若者達のやりとり、冷めた目で冷静に観察しているような文章が効果的で、情景が目に浮かびます。まだ序盤、最後どうなるのか早く知りたいです。残念ながら読むのが遅くてあまり進みませんが。

 スーパー速読術って昔あったような気がします。そんな能力が欲しいですね

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疎い分野 | トップ | 期待、外れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。