おまけの人生

可能な範囲で自分らしく生きられたらいいなー
家族の2匹の猫と一緒に。

焼きピーマン

2016年09月19日 | 日記


long long ago
母が七輪でピーマンをよく焼いてくれた。
友にはこの料理が不思議に写ってたらしく
「ピーマン焼いちょったよね!珍しかった。」と最近言われた。

母は三重県津の人だからいわゆる伊勢地方の料理法かも?

沢山の新鮮なピーマンをもらった。
ピーマン ししとう 万行寺とうがらし・・・このての青臭さは好物です。
昔焼いて貰ってたピーマンは柔らかい質の物だったような記憶があるので
時代で洋風の料理に適応する品種に変わったきたのかな?


例えられる形状に向かってる今、これいっぱい食べて細胞活性化しなくちゃね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お墓参り | トップ | 秋の陽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事