TOTOからはじまったイモづる式音楽日記

旧タイトル:TOTOからはじまるLA FUSION CONNECTION~ネタはフュージョンやらAORやら。

SEA IS A LADY 2017

2017-06-15 22:53:44 | J-FUSION
角松さんの新作。

ちょっと前にBSフジでやっていた、角松敏生特集を見て買ってしまったのです。
氏のインストアルバムとしては「LEGACY OF YOU」は聴いていたんだけど、「SEA IS A LADY」は聴いていなかったんですよ。確かインスト作品はこの2枚だったと思うんだけど、片方だけしか聴いてないのもどうかと思うし、レコーディングプロセスをこうしてテレビ放送されて、しかも再録音にあたって、相当な拘りをもって作りこまれた作品であることを目の当たりにしてしまうと、これはやはり聴かねばなるまい、ということに至るのは自然なこと。
まあ、そこはオリジナルは聴いていなかったので、どう違うのかはよくわからないんですけど、30年前の作品の再録音であっても古さは全くないし、てことは30年前の当時はいかにこの作品が新しかったのか、ということにもなるのです。

とりもなおさず文句なしにカッコエエ作品であることは間違いないですね。
「OSHI-TAO-SHITAI」、タイトルのセンスは流石に時代なのかな~まあそれはともかくとして、聴き応え、あります。

SEA IS A LADY 2017 / 角松敏生
TOSHIKI KADOMATSU(g,vo,keys,ds,perc)TSUNEHIKO OTA/HIDETOSHI SUZUKI(g) KAORU YAMAUCHI/TOMOHITO AOKI(b) SHINGO KOBAYASHI/YOSHIHIRO TOMONARI(keys) MAOKI YAMAMOTO/JNANA MURTI(ds) MASATO HONDA(sax) EIJIRO NAKAGAWA(tb)KOJI NISHIMURA/HITOMI NIIDA(tp)HIROYUKI ISO/YOSHIHIKO SHIRAISHI/KEIKO FUJI/MAIKO KATAGIRI/SONOMI TAMEOKA/RIE YOSHIZAWA(vo)

今日の通勤音楽
SEA IS A LADY 2017 / 角松敏生
GIVIN' IT UP / GEORGE BENSON & AL JARREAU


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40 TRIPS AROUND THE SUN | トップ | 銀座でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。