TOTOからはじまったイモづる式音楽日記

旧タイトル:TOTOからはじまるLA FUSION CONNECTION~ネタはフュージョンやらAORやら。

CORNERSTONES SYMPHONIC CONCERT

2016-11-25 23:25:41 | AORとか
というわけで、昨日は佐藤竹善のコンサート(ライブというよりはコンサートですね・・・)に行っておりました。
いやね、カミさんが応募したプレゼントで招待券が当たったものでして・・・ご相伴にあずかった次第なのです。

元々ここでもしょっちゅうネタにして書いてますが小生、竹善さん大好きなのです。
こないだ行った「NOTHING BUT THE FUNK」だって元はと言えば竹善さん→沼澤さん→13CATS→NBTF、という流れにあるんですから。そもそもこれまた以前も書いてますが、小田さんの曲「春風に乱れて」のコーラスを聴いて、誰なんだこれは~というところが竹善さんとの出会いだったわけで、あれからかれこれ20年、SLTはもちろん竹善さんのソロアルバムも「ほとんど」持っていますし聴いています。
ただ・・・「ほとんど」というのは竹善さん、3年連続してクリスマスアルバムをリリースしているんですが、1枚目は買ったけどさすがにクリスマスアルバムばっかりというのもねぇ・・・というのもあって最近の2作は買っていません。そしてこのコンサートは「CORNERSTONES 6」のリリースを受けてのもの。そうなんです今回のアルバムは交響楽団をバックにした企画モノ。実は交響楽団との共演?う~~ん??ということで正直今作品もパスしてしまいました。というわけで、竹善さんの作品からはここ数年は距離を置いてしまっていた、というのが実態だったのです。

そしたら皮肉なもので、このコンサートに当たってしまったんですね。「しまった」というのが罰当たりな言い方かもしれませんが、それが正直なところなのです。

でもやっぱりライブで聴くのはイイ!!
竹善さんもオーケストラをバックに歌う、というのに慣れていないところもあったりはしましたが、オーケストラのアコースティックないい音と、竹善さんのいい歌声、ちょっと目から鱗の体験になりましたね。オーケストラのコンサートを聴いたのはそれこそ小学生の頃に母に連れられて・・・以来ですから初めて聴いたようなもの。音のダイナミクス、繊細さと大胆さが織りなす音世界はそれはそれで興味深いものがありました。

そしてアンコール、もうオーケストラとの曲は用意していないので・・・ということでオケなしマイクなしの生歌で披露したくれた「AMAZING GRACE」。これがまた圧巻だったのです。改めて竹善さんのボーカルの力量に脱帽、さすがです。
いいコンサート、ありがとうございました。

ということで、それじゃあ「CORNERSTONES 6」を購入、かと思いきやでもこれをCDで聴いたらなんか逆に感動が薄れそうな気がして・・・とりあえずクリスマスアルバムをフォローすることにしよう、と思った次第なのです(笑)。

佐藤竹善 CONERSTONES SYMPHONIC CONCERT @ BUNKAMURAオーチャードホール
佐藤竹善(vo) 東京フィルハーモニー交響楽団 指揮 大友直人
大儀見元/ MAMADOU LO(perc)岩城直也/宮本貴奈(p)
ゲスト村上佳佑/平原綾香(vo)

今日の通勤音楽
FACT OF LIFE / 佐藤竹善
REVOLUTION OF THE MIND / JAMES BROWN
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BUNKAMURAオーチャードホール | トップ | BILL GRAHAM MEMORIAL 1991 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

AORとか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。