TOTOからはじまったイモづる式音楽日記

旧タイトル:TOTOからはじまるLA FUSION CONNECTION~ネタはフュージョンやらAORやら。

Yamaha Artist Perspective: from DX to Montage

2016-10-01 20:28:40 | TOTO&FUSION
Yamaha Artist Perspective: from DX to Montage


なんかよくわからんけど、感動的です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もHADOWS

2016-09-29 23:29:12 | J-FUSION
今日は先月に引き続き、レイクタウンのHADOWSに行っておりました。
今回もなぜかさいたまシリーズ、マサ小浜AMERICAN POPSナイト、ということでいきなり始まったのがTOTOの「GEORGY PORGY」・・・てかイントロはCHRISTOPHER CROSSの「SAILING」だったんですけどね。相変わらずいろんな曲の要素をぶっこむ演奏スタイル。これがまた楽しいんだよな~。
えぇい、写真も載せちゃえ。



こんなアットホームな雰囲気で、しかも1ステージ2,100円でライブを楽しめ、更に料理も酒も居酒屋価格。いいことづくめのHADOWS、とっても有難い存在なのです。

ふと気がつくと、埼玉県内で4店舗あったHADOWSも今やこのレイクタウンのみ。ライブも毎月第3か4週目あたりの平日三日間限りなんですけどね。でも出演するのはJAY STIXXさんを中心にしたメンバーか大高・矢堀コンビ系のセッションメンバーあたり。豪華ですよね。ちなみにJAYさんをモチーフにしたジェイサラダなんてごっついボリューム感のメニューもあったりして。
今更だけど、もっと盛り上げられるように行かなければな~と思うのです。

十二分に楽しませていただきました。

LIVE IN HADOWS AMERICAN POPS NIGHT
MASA KOHAMA(g)LAWRENCE DANIELS(b,vo)KALEB JAMES(keys,vo)JAY STIXX(ds)

今日の通勤音楽
SO WHAT / JOE WALSH
SUNSET CRUISE / 菅沼孝三
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再始動その2?

2016-09-28 22:53:17 | TOTO&FUSION
TOTO再結成の裏で、すっかり蚊帳の外になってしまったBOBBY KIMBALL。
11月に新作がリリースされるようです・・・が、何やらまた物議をかもしているそうで。

メキシコだったかのコンサートチケットにTOTO/BOBBY KIMBALLと表記されていて、なんだかいかにもTOTOと共演するかのように見えてしまうのがTOTO側の逆鱗に触れてしまった?ようで。
そういや最初にBOBBYがクビになったのは自分のライブを勝手にTOTOを名乗ってやったみたいなことも原因の一つだったような気が。歴史は繰り返すのか、それとも本人というよりプロモーターがまた売りたいがために勝手なことしたのか・・・

なんにしても外野としては、そこは古くからの仲間なんだから仲良くしてよ~と言いたいところなんですけどね・・・。

今日の通勤音楽
確実変動-KAKUHEN- / GACHARIC SPIN
DREAM WALKIN’ / ERIC TAGG
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再始動

2016-09-27 23:23:18 | AORとか
巨匠BARRY GIBBがソロとしての新作をリリースします。
弟を若い順に3人亡くし、そして一人だけになってしまった長兄BARRY GIBB・・・。気持ち的にももう引退状態というか隠居生活になっているものと思ってましたが、こういってはなんですが意外にも?復活です。
そりゃ子供の頃から一緒に音楽を演り続けていた、しかも仲間というだけでなく弟ですからね、がみんな逝ってしまったんですから、悲しみも相当なものがあったと思います。音楽を続けるモチベーションがなくなってしまっていたとしても誰も責められません。
ソロアルバムとしては30年以上ぶり、というかソロでしかもう作れないという状況を思えば、もしかしたら本当はBEEGEESとしての15年ぶりの新作と言ってもいいのかも知れませんね。弟達でなく、息子達の手を借りて製作したというBARRY GIBBの新作。楽しみにしております。

今日の通勤音楽
MASUO LIVE / 増尾好秋
SHAMBARA / SHAMBARA


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もJAZZ

2016-09-25 21:24:53 | その他の音楽
先週のさいたま新都心JAZZDAYに引き続き?今日は近所の大学のJAZZ研定期演奏会に行っておりました。
そこは大学入ってから初めてJAZZを演りだしたのであろう学生さんだけに、特に1年生の演奏は安心して聴いてられるとは言えなかったのが正直なところではありますが、JAZZをやろう、という心意気は伝わってきましたね。そんな雰囲気を感じたいがため、毎回行ってしまうのです。
若い人が真剣に音楽やってる姿っていいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加