ポチョ日記。

フレンチブルドッグ服専門店INMYLIFE potemkineの店長マツモトが綴る、
お店の事やその他の事。

2016年3月21日の雑記。(サイチャン日記。復活)

2016-03-21 01:25:43 | 日記

すごいですね。約10ヶ月ぶりの更新です。
お店の事やウォーホルとルーシーの事はFacebookや『ウォーホル日記。』で書いているので
この『ポチョ日記。』には何書いていいのか分からなくなっちゃったんですよね。
それでも、前回の幼稚園に入ったばかりの息子の記事を読んでいたら
「それがもう来週は終業式なんだもんなあ」と感慨深くなって書き始めたのでした。

息子は、幼稚園に通い始めたこの一年で物凄く成長しました。 
そして、息子のおかげで親である自分たちも物凄く成長しました。
お迎えの時に、息子のお友達と園庭で遊ぶ機会が沢山あるのですが、
一緒にキャッキャ言いながら遊んでいると「あ、そう言えば高校生の頃に保父さんになりたいと思ってたな」
と思い出したりもしました。
大人になってから息子が生まれる前までは「子供は苦手・・・」と思っていたんですけどね。
本気で「子供よりも犬のほうがお利口で可愛いじゃん」と思っていましたから。
それが、「自分は子供が大好きなんだな」と思える(思い出す)事が出来たのは、大人として大きな成長でした。


2学期には毎日のように「ようちえんいきたくない」と言っていた息子ですが、
3学期になったら「あしたもようちえんある?やったー!!」なんて言っています。
仲の良いお友達も沢山できて、本当に毎日が楽しいんだと思います。
そんな息子を見ていると、本気で「息子と入れ替わりたい」と思ったりもします。
だって、見るもの全てが新鮮で、絶対に毎日がキラキラしているはずなんです。
本当に羨ましいです。

そんな息子と毎朝自転車で登園しているのですが、ほぼ必ず、一人の男子中学生とすれ違います。
でも、中学校の登校時間はもう終わっている時刻です。
しかも、まさに“牛歩”のスピードでのろのろ歩いています。
体中から「学校行きたくないなあ」という感情がにじみ出ています。
僕の目の前に居る息子は物凄くキラキラしているのに、彼は物凄くどんよりしている・・・。
どうしてだろう?
彼だって、今の息子と同じくらいの頃は、毎日がキラキラしていたはずだ。
それがいつからそうなってしまったのだろう・・・?

なーんて。まあ、自分も高校生の頃は学校に行くのが嫌でしたからね。なんとなくは気持ちが分かります。
でも、キラキラした気持ちを持ち続けていたほうが絶対に楽しいはず。
その息子のキラキラを無くさないようにするのは親の役目なんだろう。
親の役目って、これから本当に盛り沢山なんだと思う。
それって、新米の親の自分には未知の世界。知るもの見るもの全てが新鮮。
今の息子と一緒なんだなあ。
だから、子供の成長と共に「親である自分自身も成長している」って感じるんだろうな。

親が途中で怠けると、子供も怠ける。子供が悩めば、親も悩む。
同じように成長していくんでしょう。
息子がハタチになった時には、親も親としてハタチ。
『親成人式』なんていうのもやってほしいもんですね。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年6月5日の雑記。

2015-06-06 01:33:12 | 日記

一年ぶりに『雑記。』スタイルの復活です。
『ウォーホル日記』とこの『ポチョ日記』、一応“有料プラン”でやっているのですが、
何も書かないのは物凄く勿体無いので「これからはもっと小まめに書かなくては!」
と思った次第です。 
以前チャレンジしたみたいに“毎日更新!”は無理ですけど、出来る限り頑張ってみようと思っております。

* * * * *

4月から幼稚園に通い出した息子。
2ヶ月が経ち、だいぶ慣れたようで仲の良いお友達も出来ました。
でも、まだまだクラスのお友達の名前を覚えられず
あまり幼稚園の出来事を話してくれません。(最近はやっと少しずつ話してくれるようになりました)
それでも、幼稚園で覚えてきた歌はよく歌ってくれます。

先日、「今日は幼稚園でお歌なに歌ったの?」と何気なく尋ねると、
「パパ、パパ、えらいえらいパパ。せかいのだれよりえらいんだー。
おこったおかおはこわいけどー、ほんとはとってもやさしくてー、
すてきなすてきなパパなんだー。」
と歌ってくれたのです。
不覚にも涙がボロボロ溢れてきてしまいました。

息子が誕生してから今までの事を思い出し、
「こんな歌が歌えるまでに成長したんだなあ」と思うと
自然と涙が出てきちゃったんですよねえ。
7日の日曜日に父兄参観があるのですが、そこで歌ってくれるみたいです。 
どうしよう、号泣しちゃいそうです(苦笑)


「そういえば」と思い出した事がありました。
ウォーホルを迎えてすぐの頃、本当に自分たちの子供のように思っていましたから
「ウォーホルが「おとうさん、おかあさん」なんて喋ってくれたら嬉しいのにね」
なんて話していました。
それこそ本当にウォーホルが「おとうさん」なんて言ってくれたら
嬉しくて泣いちゃいますね。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイチャン日記。(最終回?)

2015-04-02 02:18:06 | 日記

サイチャン、いよいよ来週から幼稚園に通い始めます。

昨年から、説明会等で息子も一緒に何度か幼稚園に足を運んでいますが、
徐々に「ぼくは一人でここに通うようになるんだ」というのが分かってくると
「ようちえんいかないよ!」と言うようになってきました。
「幼稚園にはお友達もいっぱいいるし、滑り台とかもいっぱいあるよ。」
と言っても、「おともだちいらない!おとうさんとおかあさんとすべりだいするの!」
と言って困らせます。

先週、入園前の最後の説明会に行った時の事。
説明会が終わった後、息子が園庭に置いてある古い消防車の運転席に座って遊んでいたら
女の子が後からやってきてウチの息子を押しのけて運転席を奪い取ったんです。 
息子は何が起こったのか理解出来ずキョトンとしていましたが、 
少しして「ウワ~ン!」と泣き出してしまいました。 
その女の子に「順番だよ。ちょっと待っててあげてね。」と言い 、息子に
「はい、サイチャンの番だから遊んでもいいよ。」と言いましたが、
もう嫌になってしまった息子は「もうあそばない~!」と泣き続けます。 
こういう経験が初めてだったのでビックリして泣いてしまうのも仕方がないとは思いますが、
もう少し強い子に育てなくちゃいけなかったなあ、と男親としては思ったりもするのでした。
まあ、これから幼稚園でこんな事もいっぱい経験して強く大きくなっていくのでしょう。

この説明会に行ってから息子は「これから幼稚園に行くんだ」という事を少しずつ
受け入れようとしているみたいです。
でも本心では「一人で行くのは嫌だ」と思っているのが物凄く伝わってきて
胸が締め付けられると同時に、「頑張れ!」と心の中でエールを送るのでした。

あんなに小さかった息子が自分の足で歩き始める。自分の道を作っていく。自分の世界を作り始める。
来週の入園式、泣き虫のおとうさんのほうが泣いちゃうかもな(苦笑)

* * * * *

幼稚園に行くようになると、彼自身の世界が広がっていくだろうし、
ネットの世界で書き過ぎるのも怖いよな、と思うので
とりあえず『サイチャン日記。』は今回で最終回にしようかな、と思っています。

常に「ウチは犬服屋だし、 よその子供の話なんて聞きたくないだろうな」と思ってはいました。
なので、もう書かないつもりだったのですが、
「サイチャン日記、楽しみにしてます」なんてお声をちょこちょこと頂くこともあったので、
「これで最後」と言うことで書いております。
とは言っても、親バカ全開でなんだかんだと再開してしまいそうですが(苦笑)


一応の最終回、と言うことで、3歳の息子の好きなモノを色々と書いて〆とさせて頂きます。

まずは、前回の『ポチョ日記』でも書いた太陽の塔。
実物を見に行ったこともあり、今でも好きです。
去年のクリスマスには、サンタさんから「太陽の塔のロボ」を貰いました。
クリスマスの朝、ツリーの下に置いてあるプレゼントを見つけ、
ラッピングを破いて「太陽の塔のロボ」だと分かったら大喜び!



なんと、あの太陽の塔が 『ロボ』になってしまうという、少々悪趣味なモノ(笑)
実はコレ、40代~50代前半のオジサマ方には懐かしい「超合金」なのです。
子供向けのオモチャでは無く、オッサン向けのコレクターズ・アイテムなので
少々値も張るのですが、サンタさん頑張りました。
『太陽の塔のロボ』で遊んでる 3歳児なんて息子ぐらいじゃないでしょうか。


そして、3歳児にしては渋すぎる“好きなモノ”がもう一つ。
ビートルズの『マジカル・ミステリー・ツアー』です。
息子がまだ2歳の頃、棚の高い所に飾ってあった
おとうさんのマジカル・ミステリー・ツアーのバスのミニカーを見つけて
「ばすとって!ばすあそびたい!」と駄々をこねたんです。
でも、これもいいお値段のコレクターズ・アイテム。
2歳児に渡したらすぐに壊されるのが目に見えているので
「これはおとうさんの大事な物だからダメ!」と言うと、案の定泣き出しました。 
仕方なく「ちょっとだけだよ。大事に遊ぶんだよ。」と渡してあげました。



でも、息子にしてみれば“トミカよりも大きいミニカー”でしかありません。
特に大事に扱うでもなく楽しそうに「ぶるるーん」と遊んでおりました。
しかし、幼児に一度許してしまったらもうオシマイです。
この後はしょっちゅう「ばすとって!」と言われるようになり、
おとうさんはもう諦めました。
まあ、元々ウチのお店が雑貨屋さんだった頃に扱っていた商品で、
それほど大事にしていたわけでもないので「ま、いいか」と思ったのでした。

で、「せっかく『マジカル・ミステリー・ツアー』のバスで遊んでるんだから」
と、ビートルズの『マジカル・ミステリー・ツアー』のDVDを観せてみました。
この映画、ビートルズファンでも「つまらない・・・」と言うような内容なのですが
息子は自分が遊んでいるバスが動いているのが嬉しいのか
すっかりハマってしまったんです。 
もう今までに何回観させられたことか・・・(苦笑) 
今ではしょっちゅう「ららー、あらっぴのそれっつらー♪( Roll up-roll up for the mystery tour.)」
と歌っています。
そして、車の中でCDを聴きながら『I AM THE WALRUS』までも一緒に口ずさんでいる息子を見て
誇らしく思うと同時に恐ろしくも思うのでした。 


一年遊びまくって、今ではすっかりボロボロです。


そして、ある意味これも渋すぎるかもしれません。

愛知県犬山市にある『明治村』です。
正確に言うと、村内を走っているSLや市電やボンネットバスが大好きなんです。
一時期はよく“明治村の乗り物ごっこ”をやっていました。
写真は、“書生さん”の衣装を着て「はいチーズ」。


同じ犬山市にある『日本モンキーパーク』も大好きな場所です。

以前にも少し書きましたが、この遊園地にある『若い太陽の塔』が大好きです。
岡本太郎氏が大阪万博の前年に作った『若い太陽の塔』、息子は「おひさまちょうちょ」と呼んでいます。
もちろんまだ子供ですから、ゴーカート等の楽しい乗り物が一番好きなのですが
行けば必ずこの『若い太陽の塔』に登らされます。 


そして最後はもちろん、ウォーホルとルーシー。

でもこれは、「無条件に大好き!」というわけでは無いんです。
3歳の今は、ヤキモチの感情のほうが大きいですね。
見ていると“弟や妹が出来たお兄ちゃん ”の感じです。
ウォーホルとルーシーも、息子に対して同じような感情を抱いているのが
分かるので、こちらとしては複雑な気分です。
これは、“幼い兄弟を育てている親”の気持ちと同じなんでしょうかね?


と、こんな感じでちょっと渋い趣味のサイチャンですが、
子供らしくトミカやプラレールも大好きですし、アンパンマンやトーマスも大好き。
Eテレの『いないいないばあ』『おかあさんといっしょ』などの幼児向け番組も大好きです。
この前は、「よごれっちまったかなしみに」と突然言い出したので
「なんでで中原中也!?」とビックリしましたが(笑)、Eテレの『にほんごであそぼ』で覚えたみたいです。
親としては、そういう“普通じゃない”方向に興味を広げていってくれると面白いなあ、と思うのですが。

これから幼稚園に通うようになると、自分自身で友達も作って、親からの影響ではない自分自身の趣味も作って、
自分の世界をどんどん広げていくのでしょう。
今まで知らなかった『戦隊モノ』や『妖怪ウォッチ』なども覚えて、どんどん“子供らしく”なっていくのでしょう。
親としては少し寂しさも感じますが、これからの息子の成長を楽しみにしています。

誕生から今まで『サイチャン日記』を読んでいただきありがとうございました。
これにてひとまず“オシマイ”とさせて頂きます。
(上でも書いていますが、すぐに再開しそうな気もしています・・・。だって親バカなんですもの。) 




* * * 今日の一枚 * * * 


『MAGICAL MYSTERY TOUR / THE BEATLES』

マジカル・ミステリー・ツアーにハマった2歳の頃は、
車に乗るとこのアルバムを聴いて、必ずブックレットを手に持っていました。
ブックレットを持たせてもらえないと
「まーじかるみすてりーつあー、とってぇー!」と 癇癪を起こす始末。
今では大分落ち着きましたが、それでもたまにブックレットを手に持ちながら
「これがポール?ジョン?」なんて聞いてきます。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイチャン、太陽の塔に会う。

2014-12-14 00:47:52 | 日記

Facebookでも書きましたが、3歳になった息子は『太陽の塔』が大好き。
元々は、僕達が好きなので家に太陽の塔の置き物などがいくつもあるのです。
愛知県犬山市の日本モンキーパークに遊びに行った時に『若い太陽の塔』を見て
「家にあるやつと一緒だ」と思ったんでしょうね。
それから『若い太陽の塔』と『太陽の塔』にハマってしまいました。
今では「おかもとたろうさんがたいようのとうつくったの?」と
聞いて来るまでになりました。

親が好きな物に、子供も興味を持ってくれると嬉しいものです。
しかし、幼い頃の興味の対象など、いつ他の物に移ってしまうか分かりません。
来年4月から幼稚園に通うようになったら、友達の影響ですぐに
妖怪ウォッチや仮面ライダーなどにハマってしまうのは目に見えています。
そこで、「興味を持っている“今”、本物を見せてあげよう!」と・・・


やって来ました!大阪吹田の万博記念公園!!



「わーい!わーい!ほんもののたいようのとうだー!!」と大喜び。



実は、おとうさんもおかあさんもこんなに間近で見るのは初めてなんです。
一番興奮しているのは、おとうさんかもしれません(苦笑)



近くで見ると大っきいねー。



さて、太陽の塔を満喫した後は、もう一つのお目当ての場所へ。



数年前に出来た施設『EXPO'70パビリオン』 です。
これも、おとうさんだけが嬉しいだけかも・・・と思っていたら、
息子も喰い付いてくれました。
さすが『公式長編記録映画 日本万国博覧会』のDVDを何度も観てるだけの事はあります。







当時の空気感を味わう事が出来て良かったです。
でも、おとうさんよりもおかあさんのほうが夢中になってたねえ。 



もう少し色々と理解出来るようになったら、また来たいね。



ただ唯一残念なのは、公園内に犬が入れない事。
だから、ウォーホルとルーシーはここまででした。
今日はサイチャンのためのお出掛けだから、勘弁しておくれ。 

でも、数年前までは犬も入れたらしいし、犬が散歩するのに楽しい公園だと思うので
また犬が入れるようになるといいね。 


と、こんな感じで2時間以上高速を運転して万博記念公園だけ見て、
途中のサービスエリアをいくつか寄ってウォーホル達を遊ばせて、
それでオシマイ・・・という、他人が見たら「それ、面白い?」と言われそうな
お出掛けですが、我がファミリーにとっては大満足な一日でした!  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2014年4月19日の雑記。

2014-04-19 23:59:00 | 日記・エッセイ・コラム
いよいよ明日の午後9時からCOOL WALKER 2014の発売を開始します。
早い年だと3月には出していましたから、「今年は少し遅いなあ」なんて
思われていた方もいらっしゃると思いますが、それでもまだ4月ですからね。
夏本番まではまだまだあります。
梅雨時にはかなり寒さがぶり返す事もありますし。
あまり焦らずに行こうではありませんか。焦ってもいい事はありませんからね。

と、遅れている言い訳が終わったところで
今年のCOOL WALKERの説明を少しばかりしたいと思います。
オンラインストアでもお知らせしている通り、今年から少しだけ変わるんです。
細かい説明は重複してしまいますのでやめますが、
まず、リードの長さが2種類になりました。
そして、“リードなし”にも出来るようになりました。
どちらも“簡単なこと”と思われるかもしれませんが、今までやって来た事を
少し変えるだけでも相当大変なんですよ。
例えば、リードの長さを2種類から選べるようにするだけでも
かなりの負担になるのです。
しかしですね、やはり少しずつでも“進化”させて行かないといけませんからね。
日々精進ですね。

そして、COOL WALKERと言えばCOOLTIEなのですが、
今年は同時に発売が出来ません。
これは何故かと言いますと、柄の選定に手間取っているからです。
少しでも良いモノをお届けしたいので、妥協せずに進めています。
でも5月には出したいと思っていますので、少しだけお待ち下さい。


そしてそして、なんとINMYLIFE potemkineがfacebookを始めました!
「絶対にそんな事やるものか!」と思っていたんですけどね。
これも、少しずつでも“進化”して行かなくちゃな・・・という思い始めます。
一年以上放ったらかしの『At The Factory』の代わりになるかな?くらいに
考えていますが、面倒臭くなったらやめちゃうかもしれません。
まあ、しばらくは楽しんでやってみようと思っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加