射水市聴覚障害者協会

障害者もあたりまえに地域で暮らしていけるまちをめざして…
日々の取り組みや聴覚障害者に必要な情報をお伝えしていきます。

どう育む?日本語力(2) ―表現力を高める― 【ろうを生きる 難聴を生きる】

2016年01月07日 | テレビ放送

 

 

どう育む?日本語力(2) ―表現力を高める―

聞こえない子どもの多くが、日本語力に課題を抱えている。教育現場では様々な取り組みが行われているが、生徒のためにはどんな学習法が必要なのだろうか。そこで今回は各現場の取り組みを2回にわけて紹介する。
第2回目は、語彙を育む方法を考える。紹介するのは、筑波大学附属聴覚特別支援学校で開かれた授業。テレビの天気予報キャスターの言葉を活用して、生活に身近な言葉から、その言葉がもつ「表現」を学んでいる。天気予報には、「どんよりとした雲」「さわやかな秋晴れ」など、日本語ならではのニュアンスを含んだ言葉が多い。こうした表現から、日本語の豊かさを知ってもらうのが目的だ。
番組では、筑波大学附属聴覚特別支援学校の授業から、楽しみながら表現力を高めるヒントを探る。(番組紹介より抜粋)


<アンコール放送> 2016年1月9日(土) [Eテレ] 午後8時45分~9時

[再放送] 2016年1月15日(金) [Eテレ] 午後0時45分~

※放送時間は変更される場合があります


先回の番組をご覧になったでしょうか。先生と生徒と手話でコミュニケーションを取りながらの授業風景が良かったですね。

昔、「手話(手まね)はダメ、みっともない」と先生が叱られていました。口話だけの授業では先生の話が理解出来なくて、分かったふりをしていましたよね。

厳しい口話教育であったが、手話教育に変え、良い環境となったようです。変えたのは、2011年に公布された改正障害者基本法でした。そこには手話が「言語」と明記されたのです。



  どう育む?日本語力(1) ―文の仕組みを知る― 【ろうを生きる 難聴を生きる】   

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『映画 妖怪ウォッチ エンマ... | トップ | いみず手話サロン 1月のご案内 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たにむらこうせつ)
2016-01-07 09:16:54
奥深い日本語の表現、手話だと一層大変なんでしょうね。
Unknown (IADミノルタ)
2016-01-07 11:15:24
たにむらこうせつさん、コメントありがとう!
ろう学校にいた頃、口話が上手と先生が褒められていましたが、社会に出てから、健聴の方に話しても通じないとショックしたと覚えています(^^;;
でも、仕事の同僚や知人や手話関係者らとの会話は通じてくれています。必要な手話を教えたら、話が盛り上げられます。
口話より手話の方がより深くコミュニケーションをすることが出来るのです。
こんな辛い経験がありました(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。