そよ風のような毎日

子供の事を中心にかく育児日記です。たまに自分の事も書いてます。

息子とお月様とのお話

2017年06月15日 | 息子の成長日記
我が家のリビングの窓からは時々月が見えます。

息子はお月様は理解しています。月を題材にした絵本、例えば「おつきさま こんばんは」、「ぱぱ、おつきさまとって」はよく育児センターで読みます。

なので、特に満月の日にリビングの窓から月が見えると「お月様だー!!!!」と窓に張り付いてしまいます。



いつから始めたのかは忘れてしまったのですが、満月の日に息子が窓に張り付いたときに裏声で「○○くん、こんばんは・・・」と言ってみました。

すっごく不思議そうな顔してこちらを見ましたが、「どうしたの??」ととぼけてもう一度窓の外を見たときに「こんばんは、○○くん・・・。おつきさまだよ」

と言ってみました。すると息子も「こんばんは、僕○○くんだよ」と返事をしたのです(笑)



この時点でもうニヤニヤが止まらないのですが、息子にばれないようにお月様になりきりました。

「今日は何して遊んだの?」「もうごはんは食べたの?」の問いにきちんと返事を返してくれる息子。

何度かそういう日があり、近ごろは自分から話しかけに行くようになりました。



「今日はご飯カレーだったんだー。いいでしょ♪」とか友達と話すようにしゃべります。

そして2,3分で「じゃあおやすみなさい」と言ってカーテンをぴしゃっと閉めてしまいます。

一応私がしゃべっているとばれないように気を付けていますが、どうなんでしょう?もうばれているのかな?



本当にお月様とお話していると思ってて欲しいです。そして大きくなった時に、「小さいときに月と話してた」と覚えていたらいいのになぁと思う母なのでした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪神競馬場ピクニックフェス... | トップ |   

あわせて読む