地球族日記

ものかきサーファー浅倉彩の日記

夕方になりかけた、遅い午後の光

2017年06月09日 | たまに詩人になります
夕方になりかけた、遅い午後の光が好きだ。

朝の光は人を前へ、とかきたてる。
その混じり気のなさは、どこか空虚だ。

正午に向かう午前中、空気はふくらんでいく。
世の人のやる気だとか、はたらく人がたてる音だとか、
そういった活動的なものを吸い込んで、ぱんぱんになる。
ぱんぱんの空気が、光を跳ね返す。

午後になりたての時間、
おなかがいっぱいの空気は眠い。
光を跳ね返す元気もなく、余計にすいこんで、
気だるい。

そうして、時は満ち、夕方になりかけた、遅い午後がやってくる。
空気は肩の力を抜いて、今日という日の終わりに向かい始める。
今日1日何があろうと、なかろうと、今日は終わる。

しっとりとしぼみはじめ、光を柔らかく受け止める。
桜の薄い花びらのようになった空気は、
でも、まだ、生気を十分にたたえている。

ほっとしていて、落ち着いていて、
でもどてっとしてもいなくて、
夜のように余計な由無しごとが充満してもいなくて、
なんとなくどうでもいいような、
でもだからこそ、実は一番意味があるような、
そういう時間。

そういう時間を、気負わずに照らす、
夕方になりかけた、遅い午後の光が好きだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月21日(金)のつぶやき | トップ | 求めない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。