JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「ダークナイト・ライジング」

2012-09-02 | 映画(DVD)
「ダークナイト・ライジング」2012年 米 監督:クリストファー・ノーラン

ジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し、ブルース・ウェインは隠遁生活を送っていた。そんな彼の家にセリーナ・カイルという女性が忍び込み、彼の指紋を盗み出す。彼女に盗みを依頼した組織が何か大きな計画を立てていると気付いたブルースは、再びバットマンのコスチュームに袖を通す。その頃、不気味なマスクをつけたベインという男が、ゴッサム・シティーの地下で大規模テロを計画していた…。

クリストファー・ノーランのバットマン3部作完結編で「伝説が壮絶に、終わる」らしいので楽しみにしていたところ、アメリカでは上映中にジョーカーを名乗る男の銃乱射事件が発生、ますます話題に事欠かないと思ったものの、流石に洒落にならないのか、思ったほど乱射事件がらみの盛り上がりは無いような・・・。
あの事件が興行成績にどう影響したかはどうでもいいとして・・・
極上のエンターテイメントを銃殺される事無く、無事ラストまで鑑賞。満足、満足。

とにかくエンターテイメントとして沢山の物が詰め込まれていて、それがテンポ良くヒュンヒュン飛ばしてくれるので息付く暇もなく、また無駄をそぎ落とした脚本・演出で長さを感じさせない。
前作よりも娯楽作品としては徹底していてあまり後には残りそうにありませんが・・・

ヒールのキャラ、ベイン(トム・ハーディ)は粗暴なだけでなく知的でもあるのだけれど、好みから行くと前回のジョーカーには及びません。後半のどんでん返しで、一気に影薄くなりましたし。
影の軍団の同胞でありながら、破門されているベイン。
腕力は最強でバットマンとのガチ殴り合い(この肉体戦、今回のポイント)も制してしまう。しかし、トレードマークのマスクが弱点なんですね。
こういうの見ると谷岡ヤスジの「スターウォーズ・ハー」を思い出しちゃうんだよね。

お馴染みの脇役陣(マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン)も素晴らしい上に新たに加わった男女が最高です。
セリーナ・カイルのキャット・ウーマン(アン・ハサウェイ)
でかすぎる目に真っ赤なルージュはマスクを被っている方が数倍魅力的。
「いいケツ」と「痛そうなヒール」でアクションもカッコ良い。
フェチなボディ・スーツのヒップをもっともっと見たいぞと思いながら・・・。もっとケツのラインを見せてくれれば尚良かったのですが。
2輪のバット・ポットを乗りこなす姿に拍手喝采ですよ。



バットマンとベインの間を行き来しながら独自の道を行くこそ泥、女版鼠小僧、いや、猫ですけど・・・。
「そんな女では無いはずだ」の言葉から、次第にバットマン側に?

そして、警察官の鏡といった好青年、ジョン・ブレイク(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)
珍しく男の子に萌。
あれ?、こういう真っ当で爽やかな正義漢って意外と好きなんだな。全体のトーンがダークなだけにより一層。
最後には本名まで明らかになって、「エッ、そこまでやりますか」という感じでした。
そういえば「大切な物を守りたければ仮面を被れ」ってバットマン言ってましたね。

もちろん、クリスチャン・ベイルのバットマン。
マスクを被った時のオヤジっぽさも健在。最高のコスプレ野郎を堪能できます。
今回はバット・ポットをセリーナに渡して、ご本人ゴッサムの空をダイナミックに制します。

アルフレッドが空想するカフェでのウェイン一家の風景。
バットマンの台詞
「ヒーローは何処にでもいる。少年の肩に上着をかけ、世界は終わりじゃないと励ますような男だ」

の2点、特にグッと来たね。

お決まりのドンデン返し展開は今回もちょっと無理目感あって驚きます。男女摩り替えって常道だけどね。

それにしても、ヒース・レジャーの急死とかジェームズ・イーガン・ホームズ事件、とか、何やら持っているクリストファー・ノーランのバットマンシリーズ。伝説はこのまま壮絶に終わらせず、次なるバットマン&ロビン、キャット・ウーマンに期待しちゃう。



MOVIX川口

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さいたまポタ | トップ | 「背徳エロ 義理のおふくろ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2012-09-02 12:12:50
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
Unknown (imapon)
2012-09-02 21:26:10
けん様、コメント&TB感謝。
記事、拝見しました。たくさん意見の一致がありましたね。
こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ダークナイト・ライジング (本と映画、ときどき日常)
監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベール     マイケル・ケイン     トム・ハーディ バットマンシリーズ『ダークナイト』の続編。 もうコミックマンガの映画化の域を超えています。 甦ったバットマンが街の爆破・破壊を阻止しようとする...
伝説が壮絶に・・・ (笑う社会人の生活)
30日のことですが、映画「ダークナイト ライジング」を鑑賞しました。 ノーラン版バットマン 三作目 「ダークナイト」があまりに素晴らしかっただけに 続編、どうなのかなぁと思っていたが・・・ いやー 圧倒的 盛り上がり まさに終わりにふさわしい出来 今回もエン....
『ダークナイト ライジング』 バットマン最大の敵に立ち上がる (映画のブログ)
 A hero can be anyone...  クリストファー・ノーラン監督は、三部作のテーマをそれぞれ一言で表現している。  『バットマン ビギンズ』は"Fear(恐怖)"。  『ダークナイト』は"Chaos(混乱)"。  そ...
『ダークナイト ライジング(2D字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト ライジング」□監督 クリストファー・ノーラン□脚本 ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アン・ハサ...