JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

天皇杯サッカー3回戦 浦和レッズvsロアッソ熊本

2017-07-13 | サッカー
J1リーグ戦、浦和レッズが苦戦しています。
ラファエルシルバが加入し攻撃力が上がり今年こそリーグ優勝のタイトルをと期待しましたが、埼玉ダービーを研究されつくして敗れると、負けが混み始めて、研究対策への適応力が課題かなと思っているうちに守備面でポロポロ失点するようになってしまった。
まさかの8位(1位とは勝ち点9差)
実はそんなに強いチームでは無かった事が判明。勘違いだったようです。
観戦したコンサドーレ戦も勝つには勝ったけれど不満の残る内容で急落の予兆だったように感じます。
監督は低迷を続けても先発メンバーをあまり弄らず、新戦力期待の長沢和輝も開幕当初だけでベンチ入りのみで出番が巡ってこない。
そういう意味では、過密スケジュールで大きくメンバーを替えてくるカップ戦こそ見所と考えていたのです。
もっとも個人的には日本のサッカー、正月の天皇杯至上主義ですから元旦に勝利の美酒を味わうのが一番イイ。トーナメントを勝ち上がるのは難しそうですけど。
レッズにとっては今後、リーグ戦もトーナメント同様ですけどね。諦めずに頑張って頂くしかない・・・

て、ことで平日の駒場競技場。浦和レッズBチームの活躍を見て溜飲を下げましょうや。
ここでレッズの試合観戦は、2部落ちしていた年のベガルタ仙台戦以来となります。

指定席はゾーン指定で、まぁ自由席みたいなものバックスタンド、1階2階どちらでもOK
本来2階の高見からの観戦を好みますが、この日はスタジアム上空に雨空が立ち込めていて、合羽の用意をしていないので屋根のある1階に席をとる。
屋根、うっとしー!

第97回天皇杯サッカー3回戦
浦和レッズ(J1現在8位)vsロアッソ熊本(J2現在19位)

あれ?熊本サポさんたちも赤なのね。知らんかった。



浦和レッズ先発メンバー

GK 榎本哲也
DF 田村友 遠藤航 長沢和輝
MF 矢島慎也 青木拓也 駒井善成 
  菊池大介 高木俊幸 梅崎司
FW ズラタン

西が丘で観てきた専修黄金期の長沢和輝選手が贔屓のレッズに加入したのでこの日を楽しみにしてたよー
MFでなくDFでの起用ですが才能でこなしてくれるでしょう。



GKの福島君はここでもベンチ入りしてない。層の厚いチームは大変ですね。
 


駒井と長沢のサイドは前半は奥側だけど前への意識が頼もしい。
手前のサイド田村友等はやや守備的。

しかし、試合が始まって10分ほど経過するとすぐにこの試合が厳しいものになる事が予感できる。
やはりAチームと比べると前線へのパスの精度が劣り、熊本に奪われるシーンも目立つ。
熊本はとても前半に良い入りをしたようでプレスも厳しい。



漸くレッズもポゼッションを上げてきたけれどこのまま0-0で折り返しと思われたアディショナルタイムにFKを奪う。
跳ね返されてタイムアップだろうと観ていたら高木俊幸が神ゴールで先制。これは驚きのあるゴール。
しか全体的には不甲斐ない展開・・・

後半も両チーム、ゴールを割れず・・・終了間際のオイナウのシュート、ポスト直撃は惜しかった。
試合終了。
3回戦を1-0で辛くも勝ち上がりました。

4回戦はまだ相手決まらず、9月です。
今大会の元日決戦は埼スタ!
リーグやACL、ルヴァン杯はいいから元日に向けて是非とも勝ち上がってチョウダイ!無理かな・・・



ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ラ・ヴァルス」 | トップ | 「日本春歌考」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL