JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「イースター・パレード」

2017-06-28 | 映画(DVD)
「ミュージカル映画特集Ⅱ」

「イースターパレード」1948年 米 監督:チャールズ・ウォルターズ デジタル

ベテランダンサー(アステア)が、愛するパートナー(アン・ミラー)と離れた後に若い新人(ガーランド)と組んでスターに仕上げる道程を、バーリンの珠玉の歌曲を通じて描く。アステアがジュディとルンペン姿で踊る「素敵なカップル」を始め、ラストのテーマ曲まで華麗な唄と踊りが満載される。



一度は引退していたアステアの作品と聞いて心配していたが杞憂。
なめらかでキレのあるバフォーマンスはもう観ているだけでこちらの表情が自然と綻び、終始ニコニコしながら観賞していた。この多幸感はゴスリングの「ラ・ラ・ランド」では絶対に無理。
クライマックスでスローモーションも使われているけど、あれは好きじゃない。アステアのダンスをただカメラが追うだけでエンターテイメントは成立するのだから。





「アイ・ラブ・ビアノ」やルンペンダンスの去り際がもう堪らない。
アステアの素晴しさだけじゃない。アン・ミラーのド迫力ハイヒールタップに驚く。



ミュージカル以外ではジュディの変顔。
そして、繰り返し出てくるレストラン・シークエンス。あのおじさん給仕は最高でした。



これはソフト必携か。





シネマヴェーラ渋谷



にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「急にたどりついてしまう」 | トップ | 「色道四十八手 たからぶね」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL